Information

産後ケアのNPO法人マドレボニータ オフィシャルブログ

2021年7月29日木曜日

速報!産後セルフケアインストラクター養成コース・4名が本日の実技試験に合格しました!


現在開講中の産後セルフケアインストラクター養成コースですが、

本日、実技試験を開催いたしました。




今回の実技試験は新たな試みで、各自自宅からリモートで繋がり、試験を開催いたしました。

温かい表情で見守り合う姿が印象的で、みんなで応援し合う温かい雰囲気の中

それぞれに今まで頑張ってきた成果を発揮してくれました。



そして、先日開催した筆記試験の結果と合わせ、結果は…


『産後セルフケアインストラクター』コースの4名

埼玉県戸田市在住の桐原沙織さん 

千葉県船橋市在住の竹原瑠衣さん 

北海道北見市在住の平野聡恵さん

東京都練馬区在住の宮澤千尋さん ※ボールエクサ サイズ指導士からのステップアップ 

全員合格いたしましたーーーー!


『ボールエクササイズ指導士』コースに挑戦している、静岡県浜松市在住の杉村美穂さん は、

残念ながら合格ラインに届きませんでした。


しかしながら「自分自身、このままの状態では自信を持って現場に出ることはできなかった。

こうしてきちんと評価くださったことに感謝している。同期全員で合格できなかったことは

申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、この先、全員でデビューできるよう頑張りたい!」

とコメントをくださり、一同、涙…!!!


みーちゃんは1か月後の追試に向けて、養成事業部、同期全員で伴走しながらさらに鍛錬を積んでいただきます。




実技試験はあくまでも通過点。これから秋のデビューを目指して、後半の実地研修に入ります。


仕事をしながら、家族や知人のサポートや応援をいただきながら、

自分にどこまでも向き合いながら必死で鍛錬を積んできた養成スクール生のみなさまに心からの敬意を表します!


来月から実地研修も始まり、養成コース生5名全員のデビューに向けて頑張っていきますので

これからも応援を宜しくお願いいたします!


さらに詳しいレポートは、養成スクールブログをお読みください。

2021年7月18日日曜日

本日開始★カップル講座を届けたい!バースデードネーション【vol.97/6月19日】

  メールマガジン『マドレ☆タイムズ』購読登録受付中!(無料)

マドレボニータでは「マドレボニータのことがもっとわかる!」月刊メールマガジン「マドレ☆タイムズ」を配信しています。
マドレボニータの教室・講座にお申込みの方とNECワーキングマザーサロンまたはサミットにご参加いただいた方にお送りする他、購読をお申込みいただくことでもお読みいただけます。
配信から1ヶ月を経過したバックナンバーは公式ブログに順次掲載いたします。

まだブログに掲載されていない最新号は、購読をお申込みいただいた方のみご覧いただけます(購読申込完了メールにて最新号特別公開ページのURLをお知らせします)。

バックナンバーをまとめてお読みになりたい方はこちらから
メルマガ購読希望の方はこちらから

☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★
マドレ☆タイムズ≪ vol.97≫
  2021年6月19日発行
☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★

編集部より
こんにちは!いよいよ本格的な梅雨ですね。
同時に暑さも心配な季節となってきましたね。

先月号のアンケートでは「マスク熱中症が心配」
「どこも行けないことが気がかり」という声も
お寄せいただきました。
暑さや季節の変わり目の体力づくりに、
ご自宅から参加いただけるマドレの講座も
ぜひご参加くださいね。

各インストラクターが開催する講座等は
マドレボニータ公式Instagramでも
お知らせしています。

この夏はお家できる楽しいこと、
特にバーベキューやお庭でできる野外料理を
開拓したいという声が多かったです。
今月の編集後記も参考にしてください!

今月は、日頃の運動習慣やセルフケアについて
ぜひ教えてください。
▼ ▼ ▼
【質問】運動やセルフケア、してますか?
ご回答をぜひこちらからお願いします!

≪Contents≫
【1】ボニータの部屋
 ~世知辛さすべてイヤになる ~
【2】”カップルで産後ケア”を広めたい!
 バースデードネーション企画のお知らせ
【3】新しい養成スクールの現場から
 ~養成スクール1ヶ月終了~
【4】オンライン教室&対面教室
 ~ 産後ケア教室のモニター募集中! ~
【5】産後白書プロジェクトのお知らせ
【6】マドレボニータよりお知らせ
【編集後記】在宅生活に役立つグッズ

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【1】ボニータの部屋
~ 世知辛さすべてイヤになる ~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

ご相談
「夫の子どもへの怒り方が怖いせいか
子どもが何でも「ママがいい」となってしまい
平日休日問わず座る間もなく大忙しです。
家事や準備などママにしかできないことも
多少あります。

パパも精一杯協力してくれているので、細かい
やり方まで改善を求めるのは逆効果なのもあって
思いつく対処法がないです。

ヘトヘトで却ってスイッチが切れてしまい、
表面的には育児に従事しているものの、
無表情、無関心みたいな心情になることが
あります。

そんな時世の中の世知辛さ全てが嫌になります。
運転が危ういご老人や自転車で爆走する高校生
やママチャリ(乗ってるのはお父さん)に
殺意さえ覚えます。
極めて許容量が狭くなってしまいます。

自分を取り戻すために深夜暗闇ヨガをやって
心を落ち着かせてはいますが、そんなメソッド
にも限界はあります。
ボニータさんならどうしますか?」
(ペンネーム:ヅーラ)

はーい、ボニータよ☆
結論から言うと、ヨガの前に有酸素運動ね!

心落ち着かせるためにはヅーラさんが実践して
いるヨガが副交感神経(リラックス)を
優位にするからオススメ。
だけど、この先ずっと父に寄りつかない子どもを
毎日見ながら、家事を無表情にこなし、怒りを
鎮めるためにヨガをし続けるのかしら?

問題の本質は夫への不満よね。
怒り方が怖いこと、子どもが寄りつかないこと、
精一杯協力(!?)してくれているけれど、
細かいところが気になっているという不満。
でも改善は求められない(!)から、
ヅーラさんが抱え込んで、疲れ切ってしまっている。

ヨガで心を落ち着かせたり、ガス抜きをして、
見て見ぬ振りをして表面上は穏やかに
過ごすことはできるかもしれない。

でも「家事・育児を(あまり)しない」父親像、
「家事・育児を抱え込み、不満をため込み、
疲弊して無表情な」母親像を見て子どもたちは
育つのよね。

パートナーは子どもが寄りつかない理由を
わかっているのかしら?そしてママにしか
できない家事や準備って妊娠・出産、母乳を
出す以外に何かあったかしら?

改善を求めるのはむずかしくとも、整理して、
夫婦で共有するのが最優先じゃないかしら?
夫婦はコレから長く続く育児をともにしていく
チームなんだから。

言うは易しで向き合う、コミュニケーションを
とるのは大変!体力が必要!だからこそ体力・
筋力をつける有酸素運動がオススメなのよ。
バランスボールなら関節に負担をかけないし、
自宅でも行えるからさらにオススメよ。
パートナーとの話し合いがヒートアップしてきた
ところで、2人でヨガをするのはどうかしら!?

【文責:ボニータ】

ボニータさんへの相談を受け付けています。
相談&アンケートフォームはこちら!
365日24時間受付中よ。

※編集部註:
・ボニータさんとは、マドレボニータのロゴマークにも登場しているアフロヘアーにブーツの女性です☆
ボニータの部屋バックナンバーはこちら

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【2】”カップルで産後ケア”を広めたい!
バースデードネーション企画のお知らせ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

昨年マドレボニータ共同代表に就任しました
中桐昌子(まさりん)が6月26日に42歳の、
そして山本裕子(ひろりん)が7月2日に44歳の
誕生日を揃って迎えます。

新体制になって半年。
これまでの活動を守りつつ、
「すべての家族に産後ケア」を目標に、
産後ではなく妊娠中から、より多くのカップル
に産後ケアを届ける方法を模索しながら、
日々奮闘しています。

そこで、今年は誕生日プレゼントの代わりに、
50組のカップルに産後ケアを届けるため
寄付を集めるバースデードネーションを
企画します!

第1弾:まさりんウィーク 6/19(土)~6/28(月)
★本日より開始!キャンペーンサイトはこちら

第2弾:ひろりんウィーク 6/26(土)~7/4(日)

期間中、二人へのお祝いのメッセージとともに
ぜひご寄付や情報のシェアをお願いします!

メッセージ

★昨年より団体経営というバトンを継承し、
団体内外のたくさんの方たちから多くの
サポートや激励をいただきながら
歩み進めています。
そんな今年の、共同代表として初めて迎える
バースデーは、私が新たな信念としている
「カップルで産後ケアに取り組める社会の実現」
のため、バースデードネーションを行います。
42年間、周囲から存分に注いでいただいた
愛情やエールを、少しずつでも社会に
還元していきたいと想っておりますので、
ご賛同くださるみなさま、ご協力を
お願いできましたらうれしいです!
(中桐昌子)

★まさか、自分のバースデードネーションが
立ち上がる日が来るとは思いませんでしたが、
44年間元気に、そして今こうして団体の代表と
して、ますます人生を味わい深いものにさせて
いただけていることへの感謝を、こうした形で
次世代に繋いでいけたら、こんなに光栄なこと
はありません。これからも精一杯頑張ります!
(山本裕子)

今日からぜひ、応援よろしくお願いします!
★キャンペーンサイトはこちら

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【3】新しい養成スクールの現場から
~養成スクール1ヶ月終了~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

マドレボニータ後期・養成スクールが始まって
1ヶ月が経ちました。

課題を通して自分と向き合うこと、育児や
家事、その他の仕事との両立など
スクール生はそれぞれの苦しさも感じながら
学ぶ楽しさ、体が動くようになるうれしさ
なども感じられているようです。

あと1ヶ月半の身体づくりや基礎をつくる時期
を経て、来月29日は実技試験を実施します。
これまでの養成コースでは、東京で一堂に
会して実施していたものを
今回は動画審査とオンラインによるライブ試験と
併せての実施となります。

コロナ禍での養成事業も工夫が必要では
ありますが、事業部5人で新しいアイデアを
出しながら進めています。

その中のひとつ、養成スクールの様子を
リアルタイムにお届けしたいと
毎週毎週その週にあったできごとを
養成ブログでご紹介しています。

ぜひご笑覧いただき
スクール生へのエールを届けていただけると
うれしいです。

【文責:長野奈美】

●第2週「涙涙…のスクーリング!?養成スクール生それぞれの1週間」

●第3週「産後の闇に落ちた私だからこそ・宮澤千尋さん」

●第4週「スクール生が通う『和奈塾』潜入レポ!」

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【4】オンライン教室&対面教室
~ 産後ケア教室のモニター募集中! ~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

4月から、
「コロナ禍におけるパートナーシップ」を
テーマにした調査を実施するため、参加者の
皆様にアンケートにご協力いただいております。

この調査をもとに産前産後をめぐる
リアルな声をまとめていきます。
こちらの研究のご協力はまだ募集が続きます。

アンケートにお答えいただく特典として
受講料が無料になりますので、
ぜひ周りの妊婦さんや出産後のお友達に
ご紹介をお願いいたします!
★詳細はこちら

●助成金事業の対象の方
・妊娠中、産後1年未満の方です

各教室のお申込みページから必要事項を
ご記入ください。
事務局からのご案内も、アンケートの
お願いもすべてメールでお届けします。

●対象となるレッスン

◆産後ケア教室の申し込み
◆産前・産後のセルフケアオンライン教室の申し込み
◆オンライン教室60分ショートレッスンの申し込み
◆産後のバランスボール教室の申し込み

この助成金事業はこれまでにモニター参加
などで受講した方にもお使いいただけます。
是非この機会にご受講くださいね。

新型コロナ感染拡大による対応としまして、
マドレボニータ では監修医師の元、感染対策の
ガイドラインを作成し統一した感染防止対策を
実施しております。
★こちらの動画をご覧ください

オンライン4回コース・産後ケア教室(対面)
8月コース受付開始しました

<6~8月開講している産後ケア教室>
◆札幌教室 
◆宇都宮教室/さくら教室
◆横浜教室
◆中目黒教室/武蔵小杉教室
◆調布教室/町田教室
◆吉祥寺教室/赤羽教室
◆三鷹教室
◆岐阜教室/岩砂マタニティ教室/桑名教室
◆浜松教室
◆千種教室/植田教室/西三河教室/勝川教室
◆一宮教室

★各教室へこちらからお申し込みいただけます

【文責:今川涼子】

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【5】産後白書プロジェクトよりお知らせ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

『産後白書2021~コロナ禍における
パートナーシップ~』プロジェクトリーダーの
あずちゃんこと井端梓インストラクターへの
インタビュー記事をブログにて公開しました。
こちらからお読みください

【インタビュー担当:長野奈美】

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【6】マドレボニータよりお知らせ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

◎読み終えた本で産後ケアを応援してください!
チャリボンで寄付する方法は、
本を箱につめてWEBで集荷依頼を行うだけ。
本を通していただいたご寄付は、産後ケアの
普及のため大切に使わせていただきます。
「チャリボン」での古本ご寄付申し込みはこちら

◎Amazonでマドレブックス発売中
マドレボニータ公式ブログに、
Amazonで購入できる書籍のリンク
掲載しています。

◎年次報告書を公開しました
マドレボニータの昨年度の活動やご寄付、
財務状況などをまとめた年次報告書です。
★2019年度年次報告書はこちらから

◎『すべての家族に産後ケア』
~マドレ応援団のご案内~
マンスリーサポーター『マドレ応援団』は
産後ケアの普及・啓発を行うマドレボニータを
毎月定額のご寄付で応援していただく制度です。

コロナ禍でも妊娠・出産はまったなし。
産後ケアをさまざまな形で届けていく私たちの
挑戦を継続的に応援してくださる方、ぜひ
『マドレ応援団』のお仲間になってください!
\マドレ応援団の詳細・お申込みはこちら/

【編集後記】
テーマ/在宅生活中に役立つグッズ

◎買い物を控えるために20年以上使い続けた
300L冷蔵庫を600Lに買い替えました。
自動製氷機がついてるので電動かき氷機も購入。
最近のは性能が良くて口どけのよいサラサラ
かき氷が自宅でできます。
浄水器も冷蔵庫に入れられるようになったので、
炭酸水メーカーも購入してペットボトルと
おさらばできました☆
(吉田紫磨子)

◎去年の巣ごもり生活では家族5人でトランプの
『大富豪』にはまり毎週末のようにやっていま
したが、さすがに飽きてきて、今は『カタン』と
いうドイツ生まれのボードゲーム(無人島を
舞台に開拓競争する対戦ゲーム)にはまり
まくっています。小学生のこどもから大人まで
全員が本気で挑み、白熱してしまう超オススメ
ゲームです!
(中桐昌子)

★ご感想やボニータさんへの質問フォームはこちら

★バックナンバーはこちら

2021年7月12日月曜日

アドバイザリーボードミーティング開催しました



日頃のご支援ありがとうございます、NPO法人マドレボニータ共同代表の山本裕子です。

2021年7月10日(土)アドバイザリーボードミーティングを開催しました。




1時間半という短い時間の中で、前半1時間で、各事業部担当者より進捗報告や課題を共有しました。

▼管理・寄付・会計・財務
▼教室事業
▼養成事業
▼研究開発(日本財団プロジェクト進捗共有)
▼調査研究(産後白書)
▼コンプライアンス(ハラスメント対策)
▼WIT研修
▼渉外
▼中長期計画

そんな私たちの報告を受けて、アドバイザーの皆さんからは・・・

「前回(半年前)よりも自然で、頭の中に自分たちが何をやっているかが整理されながらお話されているという印象を受けた」

「義務感やせねばならぬじゃない開き方に聞こえた」

「前回からレベルが一段階上がっていることにすごいなと思った。チームワークがよくなってきた」

「全体的にものすごいレベルのものすごい量の作業を進めている。なかなかできる団体いないよ。よくやっていると思ってもらっていい」

という、涙が出るほど嬉しいお言葉をいただきました。



また、その一方で・・・

「息切れしないように、プライベートも大切にしながら続けていいてもらえたら」

「すごい新しい活動が多くて、負荷かかりすぎじゃない?大丈夫?」

と、私たちを気遣うお言葉もたくさんいただきました。



新体制になって、半年。
次々に出てくる課題ややるべきことに必死に走ってきた私たちですが、こうしてちょっと外の視点から、「すごいことやってるよ!!」と励ましのお言葉や、「大丈夫?」と今の状況を案じてくださる声に、ちょっと立ち止まって、自分たちの足元や心の声をちゃんと見つめて、現状をしっかり認められる時間となりました。

アドバイザーのみなさんの一言一言が本当にあったかくて、愛が詰まっていて、またしても涙腺が崩壊しそうになりました。



そして、後半30分で、ケアバトン制度の継続をどうしたら安定させられるか?についてのご意見もいただきました。

その中では、あらためて「産後ケアバトン制度」という名称をつけた理由を確認し、どういう形で寄付を集めていきたいかを確認したり、自分たちのやっていることに自信を持って寄付を集める声をもっともっとあげてもいい!!というお声もいただきました。



私はこの場でこの半年間を振り返ることができて、必死の渦中にいるとなかなか見つけられない宝物をたくさんいただいた気がします。

理事はもちろん、インストラクター一人一人が、それぞれの持ち場で、自然な形で少しずつ持てる力を発揮できる体制になってきたんじゃないかと感じました。今までになく「マドレボニータ」というチームになれてきているんじゃないかな、と。

ボードミーティングでいただいたお言葉は、私たち理事だけじゃなく、マドレボニータに関わるすべての人たちへのメッセージだと思っています。


これからもまだまだ課題は山積みですが、ここでいただいたパワーをもとに、みんなで知恵を出し合い、毒も吐き出し合い(笑)すべての家族に産後ケアを届けられるよう、頑張っていきますので、引き続き、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

次回のアドバイザリーボードmtg.は9月中旬の予定で、来年度の予算案と中長期計画の共有となります!

2021年7月9日金曜日

【8/5まで】寄付額10%アップ中!本で寄付「チャリボン」で応援お願いします

株式会社バリューブックス様が展開する『チャリボン』、マドレボニータも寄付先団体の一つです。

本を通していただいたご寄付は産後ケアの普及のため大切に使わせていただきます。https://www.madrebonita.com/charibon

ただいま一ヶ月間の特別キャンペーン実施中!
8月5日までにチャリボンのWEBサイトより集荷依頼していただいた本は、なんと査定額を10%アップし寄付へ還元してくださるそうです

この機会にぜひ、ご自宅の本の整理はいかがでしょうか?

チャリボンで寄付する方法は、本を箱につめてWEB上で集荷依頼を行うだけ!
本だけではなく、CD、DVD、ゲーム、はがき(本などと一緒に)もご寄付いただけます。
とっても簡単に「片付け」と「産後ケア応援」ができます

お片付けでお部屋がスッキリしたら、本はぜひ『チャリボン』へお送りください!

皆さまからのご支援をお待ちしております。
いつもご支援くださる皆さま、本当にありがとうございます。

「チャリボン」ご寄付方法・お申込みはこちらからhttps://www.madrebonita.com/charibon 

2021年7月6日火曜日

『疲労を防ぐ!健康指導に活かす「休養学基礎」』のご紹介

プログラムの効果検証等に関する調査研究でお世話になっている、
日本体育大学体育科学研究科助教・博士(スポーツ科学)の野村由実先生が分担執筆された書籍
『疲労を防ぐ!健康指導に活かす「休養学基礎」』が好評です♪


休むのがとにかく苦手な日本人必見の書籍。
われらが野村由実先生の執筆テーマは
【妊娠期・産後の女性が健やかに過ごすための休養とは】
 
マドレではたびたび「休むことを頑張りましょう!」とお伝えしていますが、
そのためにはどういうサポートが必要なのか、わかりやすい言葉で書かれています。
支援者の皆さんもぜひ手に取ってみてください♪
 
■正しい休養、評価、指導のすすめ方
 疲労を防ぐ!健康指導に活かす「休養学基礎」



科学的な休養を!健康指導に関わる方必読!

世界的にも疲労度が高いとされる日本。
新型コロナウイルス感染症により、人々はさらにストレス耐性が求められている。
ストレス軽減に必要な事柄やそのメカニズム及び効果的な休養の取り方などについて、
「休養」を科学的に体系化した良書である。
健康指導に関わる全ての方々、健康志向の高い一般人必読の書。

(発行2021年7月/B5判226頁/メディカ出版/3,520円・税込)

https://store.medica.co.jp/item/302260250

2021年7月5日月曜日

バースデードネーションのご報告



6月19日から、2週間にわたって開催してきました
「まさりん&ひろりんのバースデードネーション〜50組のカップルに産後ケアを届けたい〜」が終了しました。

みなさまからの温かいご支援により、この16日間で寄付総額は249,812円に上りました。

当初「50組のカップルに産後ケアを届けたい!」と目標にしておりましたが、
なんと80組ものカップルに産後ケアをお届けできることになりました。

また同時に、私たちインストラクターの学びの場としても活用し、
より多くのインストラクターが産後ケアを届けられるようにブラッシュアップしていきます。



ご寄付とともにいただいた、応援メッセージをいくつかご紹介いたします。


●一組でも多くのカップルがいい産後ライフを送れますように!

●産後の1年って本当に素敵な時期なのに、ただただ大変。
でもそんな社会って絶対おかしいと思うんです。微力ながらご活動に賛同いたします!

●マドレの教室で『オーラでなく言葉で伝えないと伝わらない』
それを直接夫に伝えれなかった私にとってカップル講座が沢山の機会ときっかけになりました

●母となった最初の1年は特に大変で、夫が当時もっとマインドセットされていれば、
心も身体も楽だったろうに…と思います。活動を応援しています!

●講座の魅力が沢山の方々伝わり、広がりますように。

●受講者が一組でも増え、一生続く産後を支える礎となりますように。

●夫と現在の関係性が築けているのは、まさりん先生の「パートナーを諦めないで」
言葉があったからこそ、です。今も時折噛みしめています^^

●1組でも多くの産前産後のカップルをエンパワメントしていけるよう、
ささやかですが寄付します。

●私はマドレで自分を主語にする感覚を取り戻しました。母だけでなく、父にも。
たくさんの人にマドレに出会ってほしいな❤︎

●産後も今も、いっぱいいっぱいの生活ながら、何とか自分メンテナンスを忘れずにいられるのは、
ひろ先生のおかげです。これからも応援しています!

●私の人生に転機をくれたマドレボニータと、マドレを率いてくれている全インストラクターさん、
スタッフさんを応援しています!!

●きっとマドレボニータなら、ドネーション以上の価値ある活動になると期待いたします。


ここにご紹介したメッセージはほんの一部ですが、全てのメッセージから、
たくさんの愛とパワーをいただき、本当に幸せな2週間でした。

ご寄付をくださったみなさま、そしてたくさん呼びかけてくださったみなさま、
本当に、本当にありがとうございます!



いただいたご寄付を活用させていただき、すでに先日からお知らせしておりますように、
7月18日(日)から産後ケアサロンを開催していきます。



7月開催分はすでに受付を開始しておりますので、ぜひご参加&ご紹介くださいませ。


必要な方に届きますように。
そして健やかで穏やかな産後のスタートを切れるカップルが増えますように。
引き続き、頑張っていきますので、応援のほどよろしくお願いいたします。







2021年7月1日木曜日

産後ケアサロンの開催日程が決まりました!

先日からスタートした『まさりん&ひろりんのバースデードネーション*50組のカップルに産後ケアを届けたい!』 では、

連日たくさんの方からのあたたかいメッセージとともにご寄付をいただき、

当初目標としていた50組分 150,000円を達成しました!!!ありがとうございます。


残り4日となりましたが、ひと組でも多くのカップルに産後ケアを!

ということで「プラス20組!!」をネクストゴールにしたいとおもいます。

ぜひひと組でも多くのカップルに産後ケアを届けられるよう、

引き続き、ご支援のほどよろしくお願いいたします。


そして早速、みなさまからいただいたご寄付をもとに、

7月からカップル向け「産後ケアサロン」を開催します!!


これから出産を迎える方、怒涛の産後真っ只中にいらっしゃる方、ぜひご参加ください。

そしてみなさんの周りに妊娠中&産後1年未満の方がいらっしゃったら、

ぜひ教えてあげてください。

たくさんの方からのお申し込みをお待ちしております。



以下、サロンの概要です。

◆日 時◆ 
7月18日(日)・8月28日(土)・9月23日(木・祝)・10月24日(日)すべて 10:00-11:30 
Zoomにて、ご自宅から参加していただきます。


◆対 象◆ 妊娠中のカップル〜産後1年未満のカップル 
(※1ヶ月健診が無事に終わってからご参加ください)

◆定 員◆ 5組

◆参加費◆ 無料

◆準備していただくもの◆
・オンライン接続できるスマホやPC、タブレット
・飲み物
・(必要な方)メモと筆記用具

◆担 当◆
NPO法人マドレボニータ
産後セルフケアインストラクター 兼 共同代表 山本裕子&中桐昌子

◆お申込◆
こちらの専用フォームよりお申し込みください


2021年6月29日火曜日

「コロナ禍のオンライン産後ケアプログラムの効果」調査研究報告会@オンラインを開催します

マドレボニータでは、2020年4月に新型コロナウイルス感染症の影響を受ける0歳児家庭の虐待や産後うつ等のリスク軽減のための緊急支援として、急遽オンライン型の産後ケア教室プログラムを開発し、「産前・産後のセルフケア オンライン教室」として、6月に提供をスタートしました。




妊娠中〜0歳児の母子に、2020年6月~2021年3月に延べ1159組へ無料で提供しました(単発レッスン含む)。2021年秋までにさらに約1,000組へ無料提供予定です。


こうした在宅の妊婦や産後女性に向けたオンラインプログラムについては前例が少なく、知見も少ないため、実践しながらその効果を測定し、持続可能な支援の方法を模索する必要があると考えました。


そこで、日本体育大学と協働し、コロナ禍における産後1年未満の母親の健康増進を目的としたオンラインプログラムについて精神的・身体的側面から評価することを目的に本調査研究を行いました。


そこで分かってきた調査結果をまとめ、本日プレスリリースを発表しました。


>>プレスリリースはこちらから




そして、より詳しい調査研究報告会をオンラインでも開催いたします。


周産期に関わる方、子育て支援関係の方、このテーマに関心がある方、そして調査研究にご協力くださった卒業生のみなさまも、ぜひご参加ください。


  • 「コロナ禍のオンライン産後ケアプログラムの効果」調査研究報告会@オンラインのご案内

■日時:2021年7月28日(水)15時00分〜16時00分(Zoomにて)

■内容:
・マドレボニータの活動、オンライン産後ケアプログラム、調査の背景、今後の活動について
(NPO法人マドレボニータ 共同代表理事 中桐 昌子)
・研究報告
「コロナ禍における産後女性の心身の健康増進を目的としたオンラインプログラムの効果」
(日本体育大学体育科学研究科助教,博士(スポーツ科学)野村由実氏 / 大阪行岡医療大学助教、理学療法士、博士(医学)荒木智子氏)
・質疑応答

■参加費:無料
 

2021年6月25日金曜日

初の産後セルフケア指導士が誕生しました!

 6月11日に、私たちの新しい仲間が誕生しました!

初の産後セルフケア指導士、ゆっきーこと、小山田由貴さんです。


先日6/17の定例報告会では、そのゆっきーも加わり、デビューをみんなでお祝いしました。
(上から2段目、右から2番目がゆっきーです)


そして早速、福井市野神にある「おやこきらりんひろば」さんにて、
ゆっきーのデビュー講座「マドレボニータの産後セルフケア教室」を開催しました。



北陸に新たな拠点が生まれて、マドレボニータ一同、とても嬉しく思っております。


ゆっきーはまもなく金沢への引っ越しを予定しており、
準備が整い次第、講座も開催していく予定です。

金沢市周辺のみなさま、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

今後の活動情報は、ゆっきーのインスタでチェックしてみてくださいね。





2021年6月24日木曜日

「まさりん&ひろりんのバースデードネーション*50組のカップルに産後ケアを届けたい」開催中です



昨年マドレボニータ共同代表に就任した中桐昌子(まさりん)が6月26日に42歳の、
そして山本裕子(ひろりん)が7月2日に44歳の誕生日を揃って迎えます。

新体制になって半年。

これまでの活動を守りつつ「すべての家族に産後ケア」を目標に、
産後ではなく妊娠中から、より多くのカップルに産後ケアを届ける方法を模索しながら、
日々奮闘しています。

そこで、今年は誕生日プレゼントの代わりに、50組のカップルに産後ケアを届けるための
寄付を集めるバースデードネーションを企画しました。

そして先日19日より、第1弾のまさりんウィークがスタートしております。
https://syncable.biz/campaign/1731/


サイトでは、まさりんが綴った
■ 私とマドレボニータとの繋がり
■ 私が『産後のカップル講座』のために寄付を集めようと思ったきっかけ

そしてサイト内の【活動報告】では、
まさりん知られざるストーリーや、これまでカップル講座にご参加くださったみなさまからの
カップル講座が必要!!という熱い思いをお読みいただけます。

期間中、お祝いのメッセージとともにぜひご寄付や情報のシェアをお願いします!


以下、中桐からのメッセージです!


昨年より団体経営というバトンを継承し、団体内外のたくさんの方たちから
多くのサポートや激励をいただきながら歩み進めています。

そんな今年の、共同代表として初めて迎えるバースデーは、
私が新たな信念としている「カップルで産後ケアに取り組める社会の実現」のため、
バースデードネーションを行います。

42年間、周囲から存分に注いでいただいた愛情やエールを、
少しずつでも社会に還元していきたいと想っておりますので、
ご賛同くださるみなさま、ご協力をお願いできましたらうれしいです!


******

バースデードネーション開始6日目にして、目標金額の76%に到達しました!
ご支援本当にありがとうございます。

6/26(土)からは、第2弾もスタートしますので、引き続きご支援をお願いいたします。





2021年6月21日月曜日

2021年度・事業計画mtg進行中です


マドレボニータの事業年度は10月から。
2021年度に向けての事業計画ミーティングが始まっています。


オンラインで4回16時間にわたり、インストラクター・事務局メンバーの
「個々のおもい」の集合体としての事業計画をつくり上げていきます。



















この週末は土曜日午前の3時間で、2回目のミーティング。


話し合っていくというよりも、自分の中にあるものを絵で表現をするというワークから、
自分の深層にあるおもいに近づいていくというワーク中心の3時間でした。

問われたことは
「自分が大切にしている価値観をもとに、次の1年(または3年)どんな過ごし方をしたいか」

その先の未来にどんなことが起きていると自分は幸せなのだろうか。
具体的にどんな光景を見たいのか、誰がどこでどんな状態でいるか…
そこにいる私は何者として、何をしているのか…」

の2つ。

そのイメージを絵で表現し、グループで発表しあい
さらに「色は? 質感は(温度、手触り、動き、重さ)?」と問われて
それぞれの持っているイメージをみんなで共有していきました。

不思議な感覚の時間でしたが、
未来のイメージの中で「自分がどんな立ち位置にいて、どんなことをしたくて、
まわりとどんな関係性をつくっていきたいのか」が
言葉だけでは表現できないような細かな部分まで、
立体的に思い描けるような感覚を今、手にしています。


次回は次の週末。
「どんなふうになったら、この仕事をやって良かったと思えるのか」
という問いまで進んでいく予定です。

マドレボニータの次の1年も、どうぞご期待ください。

(文責・長野奈美)

2021年6月20日日曜日

オンライン両親学級『夫婦で”産後ケア”を話し合おう!』に登壇しました!


今日は、Logista株式会社の共同代表 長廣ご夫妻が主催する
「オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ 第3回:夫婦で『産後ケア』を話し合おう」に
マドレボニータ共同代表の中桐&山本が登壇いたしました。


今回は、夫婦で『産後ケア』を話し合おう!をテーマに
●そもそも「産後ケア」って何?
●子育て・家事…夫婦の感じ方の差
●夫婦で一緒にできる産後ケア
〜マドレボニータ式!対話のワークをMC長廣夫婦がプチ体験〜

という内容で、視聴者のみなさんからの質問にもお答えしつつ、
長廣ご夫妻とともに楽しくお話しさせていただきました。

見逃した!という方のために、YouTubeにてアーカイブも公開されていますので
ぜひご覧くださいね。



こうした企画は初めてのチャレンジとなりましたが、
ひと組でも多くのご夫婦が、いっしょに産後を乗り越える同志として
より豊かなパートナーシップを築くきっかけとなりますように。


お声がけくださった長廣ご夫妻。
そして視聴してくださったみなさま、ありがとうございました!!!




なおLogista株式会社 さんの「世帯経営ノート」のサンプルは
全国各地でご覧いただけます。

マドレボニータでも、直接ご覧いただける教室がございますので、
見かけた際はぜひお手に取ってご覧くださいね!

>>「世帯経営ノート」サンプル設置施設一覧






最後に、イベント内でもご紹介した各種ご案内は、以下からご覧いただけます。
必要とされる方に届きますように。










対象:産後1年未満の方
オンライン開催・参加費無料







妊娠中&産後1年未満の方は、調査研究にご協力いただくと、
マドレボニータの各種教室を無料で受講できる特典が受けられます。

2021年6月19日土曜日

カップル講座のビフォー&アフター大募集!【vol.96/5月19日】

 メールマガジン『マドレ☆タイムズ』購読登録受付中!(無料)

マドレボニータでは「マドレボニータのことがもっとわかる!」月刊メールマガジン「マドレ☆タイムズ」を配信しています。
マドレボニータの教室・講座にお申込みの方とNECワーキングマザーサロンまたはサミットにご参加いただいた方にお送りする他、購読をお申込みいただくことでもお読みいただけます。
配信から1ヶ月を経過したバックナンバーは公式ブログに順次掲載いたします。

まだブログに掲載されていない最新号は、購読をお申込みいただいた方のみご覧いただけます(購読申込完了メールにて最新号特別公開ページのURLをお知らせします)。

バックナンバーをまとめてお読みになりたい方はこちらから
メルマガ購読希望の方はこちらから


☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★

マドレ☆タイムズ≪ vol.96≫
  2021年5月19日発行
☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★

編集部より
こんにちは! 緊急事態宣言の延長で
まだまだ落ち着かない日々が続いていますね。

マドレボニータではオンラインプログラムを
開始して1年を迎えます。

今週末には記念イベントを開催します。
この一年の頑張りを皆で讃えつつ、
おうちで楽しくカラダを動かしませんか?

夏の予定もなかなか立てづらいですが、
よかったら皆さんの夏の計画(とそのお悩み)
もぜひ教えてください。
▼ ▼ ▼
【質問】今年の夏はどう過ごす予定ですか?
(質問募集は終了しました)

≪Contents≫
【1】オンライン教室1周年感謝祭のお知らせ
【2】会員さんからお知らせ
~ マドレ式対話の場づくり研究所 ~
【3】新しい養成スクールの現場から
~産後セルフケアインストラクター養成コースが スタートします!~
【4】”カップルで産後ケア”を広めたい!
~カップル講座ービフォー&アフター大募集!~
【5】オンライン教室&対面教室
~ 産後ケア教室のモニター募集中! ~
【6】マドレボニータよりお知らせ
【編集後記】私のおすすめ油

ボニータさんへの相談を受け付けています。
相談&アンケートフォームはこちら!365日24時間受付中よ。

※編集部註:
・ボニータさんとは、マドレボニータのロゴマークにも登場しているアフロヘアーにブーツの女性です☆
ボニータの部屋バックナンバーはこちら

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【1】オンライン教室1周年感謝祭のお知らせ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

オンライン教室のスタートからまもなく1年。
1周年感謝祭イベントを開催します

このコロナ禍で小さなお子さんを育てる苦労は
続きますが、オンラインでつどい体を動かし、
大人と話すという楽しさを思い出して
いただけるようなプログラムになっています。

産後ケア教室のOGさんも
オンライン教室のOGさんも
そして、お久しぶりのOGさんも
ぜひご参加ください。

\\うちでほぐそう!//
  \\ストレッチ+ちょこっと対話//

・日時:5/22(土)14:00-15:00
・ご家族みなさんでわいわいご参加ください
・参加費:1000円
(一部をマドレ基金に寄付させていただきます)

★お申し込みはこちら

たくさんのOGさんと再会できることを
楽しみにしております。 
【文責・長野奈美】

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【2】マドレ会員さんよりお知らせ
~ マドレ式対話の場づくり研究所 ~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

\\マドレ式対話好きなメンバー募集!!//
\\2021年度の研究員募集について//

こんにちは!!
「全国マドレ式対話の場づくり研究所」
事務局の森伸子です。

おかげさまで研究所発足から1年。
60名の研究員が集いました。
マドレ式対話をベースにしながら、それぞれが
自由に対話を楽しんできました。
新たな場づくりに加え、出会い・気付きを
得ながら、対話の文化が徐々に広がっています。

さて、研究所は1年更新で、2021年度
6月スタートの新たな研究員も募集します。
マドレ式対話をもっともっと楽しみたい、
深めていきたい、仲間をつくりたい!という方、
以下のご案内を読んでくださるとありがたいです。
お申し込みをお待ちしています!

【募集要項】

■名称 全国マドレ式対話の場づくり研究所

■目的
マドレ式対話メソッドに好意的な関心を持つメン
バーが集い、互いの対話への想いを尊重しあい、
切磋琢磨しながら、それぞれが望む対話を
実現していくこと。
また、この活動を通して自らの
「大切にしたいこと」「ありたい姿」を
探求し続けること。
そして、この活動が「対話の文化」醸成の一助と
なり、「それぞれの違いを認め合いながら
協働する」豊かな社会を実現していくこと。

◎「マドレ式対話の場」とは?
市民がつくる、市民のための対話の場です。
場にいる人に、話す・聴くを通して気づきが
生まれることを意図しています。
自分の思いに目を向け、言葉を紡ぎ、
他者の言葉を聴く。

遮らずに話をじっくり聴いてもらうことで、
安心感や、自分に対する肯定感が生まれ、
自分の内面にあるものを客観視したり、
整理したりするきっかけになります。

わたしたちは、
「自分が本当に大切にしたいことに気づき、
自分の足で次の一歩を踏み出していく
きっかけの場」であるこの対話が、
それぞれの暮らしの中から豊かに広がって
いくことを願っています。

<引用および参考>
・MadreBonitaDAY2019「対話の場」を紐解く~10分deマドレ式対話
・マドレ式対話の場づくり手引きテキスト

■活動期間
2021年6月~2022年5月
※入会月は2021年6月(活動期間1年)もしくは
2021年12月(活動期間半年)の年2回です

■参加費用
6月入会:1,200円/年 12月入会:600円
※参加費用はzoom有料アカウント費用や活動に
関わる会場費、備品等の購入に使用します。
なお、途中退会されても年会費の返金は
いたしませんので、ご了承ください。

■ 募集人数
20名以上
※現在は、60名のメンバーで活動しています。

■参加要件
(1)~(6)全てに当てはまる方。
(1)マドレ式対話の場づくりについて、好意的にとらえている
(2)以下いずれかの経験
 NECワーキングマザーサロン 1~10期に
プロジェクトメンバーとして参画
(進行役・チームメンバー・サポートメンバー等)

・夏ラボ/オホーツクラボ/オンラインラボ(基本+実践)参加

・2019年のクラウドファンディング
『マドレ式対話メソッドを次世代へ~8386人と
育てた10年の知見~』のリターンとして入手した
冊子版の「マドレ式対話の場づくり手引き」を
読み、その内容を肯定的に尊重している

・「マドレ会員による地域活動」もしくは
「NECワーキングマザーサロン」のいずれかに
参加したことがあり、21年度研究所説明会*にも参加

・現在マドレボニータ正会員またはマドレ応援団
で、21年度研究所説明会にも参加

(3)当コミュニティの目的に共感できる
(4)研究所というコミュニティとの心地よい
関わり方を、自分と対話をしながら模索できる
(5)対話は社会を豊かにすると考え、対話のある
文化を広げていきたいと考えている
(6)「マドレ式対話の場づくり手引き」*を
所持している
(申込み時に確認させていただきます。
その後は読書会・場づくりの参考資料として
利用します)

*「マドレ式対話の場づくり手引き」は5/1~25の
期間限定でこちらのフォームより
普及版(PDF)を販売中です!

※2022年度以降も、新たなメンバーが入りやすく
なるよう各要件を見直したいと考えています。
※政治、宗教、ご自身のビジネス、ネットワー
キング等への勧誘目的での入会はご遠慮下さい。

■必須環境
全国の研究員とオンラインでつながります。
そのため、下記環境が必要です。
・PC/スマホ/タブレット等でインターネット閲覧ができる
・Facebookアカウント|研究員グループを作成しコミュニケーションに利用します
・Googleアカウント|カレンダー機能やファイル共有に利用します

【お申込み】
研究員の募集は 5月25日(火)までです。
申し込みフォームはこちら

入会を希望される方、気になるけどどうしよう
かなの方、様々あると思います。
研究所の目的や活動の方向性が、ご自身の希望・
ありたい姿と重なるかくわしくご確認いただき、
ご不明点やご質問がありましたら、ぜひ、
お問い合わせください^^

以下のメールアドレスまでお願いします。
madreshikitaiwa.lab2021@gmail.com

21年度もどうぞよろしくお願いします!

<未来計画ワークグループ>
川尻沙織・川辺真美子・木下里佳子・鈴木かおる・土本広美・樋口智子・細川朋美・森伸子
※未来計画ワークグループとは
「全国マドレ式対話の場づくり研究所」の
今後の事業計画案・2021年度の研究員募集要項や
研究所としての活動予定などを、未来に向けて
検討する、研究員有志グループです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【3】新しい養成スクールの現場から
~産後セルフケアインストラクター養成コースが スタートします!~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

いよいよマドレボニータ後期・養成スクール
『産後セルフケアインストラクター』コースが
5/17よりスタートいたしました!

昨年はコロナ禍でやむなく中止となった養成ス
クール、2年越しの想いでエントリーくださった
方も含め、下記5名のみなさんが「産後セルフ
ケアインストラクター」として11月のデビューを
目指して、半年間の鍛錬期間に入ります。

◆桐原沙織さん(埼玉県戸田市)
◆杉村美穂さん(静岡県浜松市)
◆竹原瑠衣さん(千葉県船橋市)
◆平野聡恵さん(北海道北見市)
◆宮澤千尋さん(東京都練馬区)※ボールエクサ サイズ指導士からのステップアップ

養成スクール初日に行ったオンラインオリエン
テーションでは、なぜマドレボニータの
認定インストラクターになりたいと思ったのか?
というそれぞれの原体験やストーリー、
強みや特技、はたまた、ここはサポートして
もらいたい!というウィークポイントなどを
存分に共有し合いました。

強みはより一層の強みに、弱みはみんなで
補い合いながら、それぞれの個性を存分に
発揮できる土壌を礎に、インストラクター
として必要な知識とスキル、佇まいを
体得いただきます。

みなさまからもぜひ温かいエールとともに
新たに始動する養成スクールを見守って
いただけたらと思います。

養成事業部一同も、新しい仲間と笑顔で11月を
迎えられるよう、課題作りとサポートに励んで
まいります!

養成スクール公式ブログでは、
随時、きらりと個性が光る養成スクール生の
ご紹介をしていきたいと思いますので
ぜひのぞいてみてください!
◆養成スクール公式ブログ

【文責:中桐昌子】

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【4】”カップルで産後ケア”を広めたい!
~カップル講座ービフォー&アフター大募集!~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

マドレボニータでは『すべての家族に産後ケア』
をスローガンに活動しています。
”産後ケア”というと、出産した女性のための
もの、と捉えがちですが、カップルやご夫妻が
二人で一緒に取り組む産後ケアをもっともっと
広めていきたいと思っています!

そこで、マドレボニータの「両親学級」や
「カップル講座」に参加したことがあるよー!
というみなさま、実際に参加してみての経験談
や変化についてぜひ教えていただけませんか?

みなさまから寄せられた経験談を
共有させていただくことで、
これから産後を迎えるカップル、
今まさに産後を体験しているカップルに、
産後ケアに興味を持っていただき、
より多くのカップルに産後ケアに取り組む
きっかけづくりを行っていきたいと思います!

どんな些細なエピソードでも構いません。
それぞれのカップルのストーリー、
楽しみにお待ちしております!

マドレボニータのカップル講座アンケートはこちらから
(6/20まで募集中!)

【文責:中桐昌子】

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【5】オンライン教室&対面教室
~ 産後ケア教室のモニター募集中! ~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

4月から「コロナ禍におけるパートナーシップ」
をテーマにした調査・研究が始まっています。
(詳細はこちら)

こちらの研究にアンケート回答という形で
ご協力いただける方は無料で各種教室を
ご受講いただけます。
現在7月コースまで受付しております。

妊娠中、産後1年未満の方が対象です。

各教室のお申込みページから必要事項をご記入
ください。事務局からのご案内も、アンケート
のお願いもすべてメールでお届けします。

対象となるレッスンは以下の通りです。
◆産後ケア教室
◆産前・産後のセルフケアオンライン教室
◆オンライン教室60分ショートレッスン
◆産後のバランスボール教室

この助成金事業はこれまでにモニター参加など
で受講した方にもお使いいただけます。
ぜひこの機会にご受講くださいね。

新型コロナ感染拡大による対応として、
医師監修の元、感染対策のガイドラインを
作成し、対策を実施しております。
こちらの動画をご覧ください

以下の対面教室が5~7月受付中です。

◆札幌教室
◆宇都宮教室/さくら教室
◆横浜教室
◆中目黒教室/武蔵小杉教室
◆調布教室/町田教室
◆吉祥寺教室
◆三鷹教室
◆岐阜教室/岩砂マタニティ教室/桑名教室
◆浜松教室
◆千種教室/植田教室/西三河教室/勝川教室
◆一宮教室
◆十三教室/さくら夙川教室(未定)

★こちらからお申し込みできます

ぜひお近くの産前、産後の方におすすめくださいね。
【文責:今川涼子】

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【6】マドレボニータよりお知らせ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

◎読み終えた本で産後ケア応援してください!
チャリボンで寄付する方法は、
本を箱につめてWEBで集荷依頼を行うだけ。
本を通していただいたご寄付は、産後ケアの
普及のため大切に使わせていただきます。
「チャリボン」での古本ご寄付申し込みはこちら

◎Amazonでマドレブックス発売中
マドレボニータ公式ブログに、
Amazonで購入できる書籍のリンク
掲載しています。

◎年次報告書を公開しました
マドレボニータの昨年度の活動やご寄付、
財務状況などをまとめた年次報告書です。
ぜひご覧いただければ幸いです。
★2019年度年次報告書はこちらから

◎『すべての家族に産後ケア』
~マドレ応援団のご案内~
マンスリーサポーター『マドレ応援団』は
産後ケアの普及・啓発を行うマドレボニータを
毎月定額のご寄付で応援していただく制度です。

コロナ禍でも妊娠・出産はまったなし。
産後ケアをさまざまな形で届けていく私たちの
挑戦を継続的に応援してくださる方、ぜひ
『マドレ応援団』のお仲間になってください!
\マドレ応援団の詳細・お申込みはこちら/

【編集後記】テーマ/私のおすすめ油

◎「お通じに効果的」と聞いてMCTオイルを
毎朝味噌汁に入れて飲んでいます。お料理には
レモン風味のオリーブオイルがおすすめ。
オリーブオイル&醤油&寿司酢を同量ずつ混ぜる
手作りドレッシングもレモン風味で美味しく
なります。
(北澤ちさと)

◎6年前に亡くなったうちのじーちゃんが
「鼻のあぶらをちょいとつけて」と
壊れたものを直してくれたりしました。
あ、それは脂か? 
「あぶら、あぶら…」といって考えていたら
じーちゃんのことをふと思い出しました。
(長野奈美)