Information

産後ケアのNPO法人マドレボニータ オフィシャルブログ

2022年1月17日月曜日

【お知らせ】産後白書4・本日リリースしました

2009 年に発行した『産後白書』から13年。

この間、国・自治体による産後ケア事業が開始し、育児介護休業法も改正。
“ 産後・子育ては母親だけでなく、カップル・家族や地域社会全体で担うべきもの ” 
という認識が徐々に浸透してきています。

それでもなお、産後女性が様々な変化に戸惑い、悩み、
壁にぶつかっていることに変わりはありません。

そして、コロナ禍で産後を取り巻く状況は一変しました。


産後の心と体やパートナーシップには
どんな変化が起こっているのでしょうか?

教室という現場を持つマドレボニータの強みを活かして。


654人分の「産後のリアル」な声、集めました


それを教室OGさんを中心とした
13名のボランティアスタッフとともに
「産後白書4」として仕上げました。

マドレボニータらしい「産後白書」が完成した!
と今回も胸を張って、本日公開です。


























時代の変化とともにWebサイトから無料ダウンロードできる形で
どなたの手にも届きやすいように。

▶︎Web特設サイトはこちら
https://www.madrebonita.com/sangohakusyo4
(PDFデータを無料ダウンロードしていただけます)

私たちの願いは
より多くの産前・産後のカップルが
産後の心身の変化を、ともに学んで知り
カップルで向き合うきっかけになること、です。



来週月曜日1/24には、発行記念オンラインイベントも開催予定です。
こちらもあわせて、ご参加&ご紹介お願いします。

◆詳細・お申し込みはこちらからどうぞ



ぜひ、周りの産前・産後の方にご案内いただけたらと思います。

「産後白書」編集チーム一同

2022年1月8日土曜日

【お知らせ】グッドガバナンス認証取得のご報告

マドレボニータはこのたび、⼀般財団法⼈⾮営利組織評価センターのグッドガバナンス認証を取得いたしました。


<グッドガバナンス認証とは>

 グッドガバナンス認証は、市⺠参加の度合い、環境への配慮、財務・会計、社会への情報発信など組織運営に関わる27の評価基準を書⾯と訪問で審査。さらに外部の有識者から成るグッドガバナンス認証審査委員会の審議を経て認証されます。企業や⾏政などが⾮営利組織と連携するときの⼀つの信頼性の指標として、⼀定⽔準以上の組織運営能⼒が認証されます。⼀定⽔準以上の組織運営能⼒が認証された団体は、現在、23都道府県に50団体あります。

(※⾮営利組織評価センターウェブサイトより)


<共同代表よりメッセージ>

行政による産後ケア事業の実施や、育児介護休業法の改正により、“産後・子育ては母 親だけでなく、家族や地域社会全体で担うべきもの”という認識が徐々に浸透してきていますが、それでもな お、多くの出産後の女性が、様々な変化に戸惑い、悩み、壁にぶつかっています。「産後」を心身ともに健 康に過ごすために、母となったすべての人が、そして、その家族が、産後ケアに取り組める社会。産後う つ、乳児虐待、夫婦不和など、「産後」が起点となる社会問題の解決を通して、自分らしく自らの力を発揮 できる社会の実現を目指します。


詳細は、以下のサイトをぜひご覧ください。

認証の過程においてこれまでの団体の実績や、多くのご支援者やボランティアの皆様に支えられた活動のあゆみ、新体制となってからのガバナンス強化の取り組みなどを評価いただき、今後の活動の大きな励みとなりました。あらためまして、いつも応援くださる皆様、評価に関わっていただいた皆様にお礼を申し上げます。


今後ともマドレボニータへのご支援の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。


●⾮営利組織評価センターウェブサイト

「【全国で累計50団体に】NPOの信頼性の証である”グッドガバナンス認証”でアピール」

https://jcne.or.jp/2022/01/05/gg-prr-5/


●⾮営利組織評価センタープレスリリース

「「マドレボニータ」が 非営利組織の信頼性の証『グッドガバナンス認証』を取得」

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000062842.html


▼すべての家族に産後ケアを届けるために

マンスリーサポーター『マドレ応援団』募集中です!

ぜひ、この機会にお仲間として応援してください。

https://www.madrebonita.com/donate

2022年1月7日金曜日

【新インストラクターのご挨拶】宮澤千尋 (東京都練馬区、小平市・埼玉県和光市)

 【新インストラクターのご挨拶⑥】

2021年は4名の産後セルフケアインストラクター

1名のボールエクササイズ指導士

1名の産後セルフケア指導士がデビューしました。


全国で頑張る・新インストラクターをご紹介します。

2022年も応援をよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

\サポートファンディングにも挑戦中/


インストラクターのストーリーを「応援したい!」という方は

ぜひご寄付をお願いいたします。

産後ケアを、もっと、みんなの日常に。


いただいた寄付は

ひと組でも多くの家族に産後ケアを届けていくための活動に

充てさせていただきます

例)

産後ケアバトン制度の運用(コーディネート)、リーフレット作成/広報活動

など

https://madobe.madrebonita.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●産後セルフケアインストラクター・宮澤千尋
(東京都練馬区、小平市・埼玉県和光市)


2019年ボールエクササイズ指導士デビュー

2020年理事就任。

そして今回、2021年の産後セルフケアインストラクターデビューに際して。

みなさんの前でご挨拶させていただくのはこれが3度目になると思います。


わたし自身最初の出産からは間もなく8年が経ち、

教室で参加者さんの声を聞かせてもらいながら、

確実に産後女性を取り巻く環境は変わってきていると感じています。


それでも、体力をつけて

「わたしはどうありたい」に向き合って言葉にしていくことは

産後に欠かせないリハビリ。

特にコロナ禍ではその機会を得られない方の多さを耳にします。


産後セルフケアインストラクターを志してから間もなく4年!!

現在は「大泉学園駅」「花小金井駅」「和光市駅」と

3路線で産後ケア教室を開催しています。


消えることのなかった産後ケアへの思いを胸に

1組でも多くの家族に

マドレボニータのプログラムをお届けしていけるよう尽力していきますので

引き続きの応援をよろしくお願いします!

https://www.35nobiyaka.com/

2022年1月6日木曜日

【新インストラクターのご挨拶】平野聡恵(北海道北見市)

 【新インストラクターのご挨拶】

2021年は4名の産後セルフケアインストラクター

1名のボールエクササイズ指導士

1名の産後セルフケア指導士がデビューしました。


全国で頑張る・新インストラクターをご紹介します。

2022年も応援をよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

\サポートファンディングにも挑戦中/

インストラクターのストーリーを「応援したい!」という方は

ぜひご寄付をお願いいたします。

産後ケアを、もっと、みんなの日常に。


いただいた寄付は

ひと組でも多くの家族に産後ケアを届けていくための活動に

充てさせていただきます

例)

産後ケアバトン制度の運用(コーディネート)、リーフレット作成/広報活動

など

https://madobe.madrebonita.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●産後セルフケアインストラクター・平野聡恵(北海道北見市)


「オホーツクに産後ケアを当たり前の文化として根付かせたい」という想いから

2021年に新卒からの看護師という仕事を退職し、産後セルフケアインストラクターとなりました。


まだまだ「個人の偶然」である産後ケアを、

産前から皆平等に知ることができ、

安心して産前産後が過ごせるように活動していきたいと思います。


大変なこともありますが

自分もエンパワメントされ人生を変えてくれた産後ケアに携われること

マドレボニータの先輩方と共に活動していけることにワクワクしています。

どうぞよろしくお願い致します。


▶︎日々の活動はブログ「選んだ道はすべてが正解」で発信しています

https://ameblo.jp/you-go-girl-fun/

2022年1月5日水曜日

【新インストラクターのご挨拶】竹原瑠衣(千葉県船橋市)

 【新インストラクターのご挨拶④】

2021年は4名の産後セルフケアインストラクター

1名のボールエクササイズ指導士

1名の産後セルフケア指導士がデビューしました。


全国で頑張る・新インストラクターをご紹介します。

2022年も応援をよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

\サポートファンディングにも挑戦中/

インストラクターのストーリーを「応援したい!」という方は

ぜひご寄付をお願いいたします。

産後ケアを、もっと、みんなの日常に。


いただいた寄付は

ひと組でも多くの家族に産後ケアを届けていくための活動に

充てさせていただきます

例)

産後ケアバトン制度の運用(コーディネート)、リーフレット作成/広報活動

など

https://madobe.madrebonita.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●産後セルフケアインストラクター・竹原瑠衣(千葉県船橋市)


12月より産後セルフケアインストラクターとして千葉県で活動しています。

産後忙しくて自分のことはだいたい後回し。

自分の将来は育児が落ち着いたら考えればいい…

と思っている方は少なくないと思います。


私がまさにそうでした。


エクササイズだけではなく

自分のことを考えるきっかけになるこの素晴らしい産後ケアプログラムを

もっと広めていきたい。

また、さらに学びを深め、産後ケアをベースに活動の幅を広げていきたいと考えています。


今後の活動

▼下記サイトを通して発信していきますのでよろしくお願いいたします。

https://takeru1204.wixsite.com/website

2022年1月4日火曜日

【新インストラクターのご挨拶】杉村美穂(静岡県浜松市)

 【新インストラクターのご挨拶③】

2021年は4名の産後セルフケアインストラクター

1名のボールエクササイズ指導士

1名の産後セルフケア指導士がデビューしました。


全国で頑張る・新インストラクターをご紹介します。

2022年も応援をよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

\サポートファンディングにも挑戦中/


インストラクターのストーリーを「応援したい!」という方は

ぜひご寄付をお願いいたします。

産後ケアを、もっと、みんなの日常に。


いただいた寄付は

ひと組でも多くの家族に産後ケアを届けていくための活動に

充てさせていただきます

例)

産後ケアバトン制度の運用(コーディネート)、リーフレット作成/広報活動

など

https://madobe.madrebonita.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ボールエクササイズ指導士・杉村美穂(静岡県浜松市)

昨年12月にバランスボールエクササイズ指導士としてデビューし、現在浜松市・磐田市を中心に産後ケアの活動を行っています。

以前は理学療法士として約10年間病院に勤務していました。

第2子出産後にマドレボニータの産後ケア教室に参加し、『育児には愛情だけじゃなく体力も必要!!』と感じ、産後ケアの重要性を実感しました。理学療法士としての知識や経験を活かして産後女性のリハビリをしたいと思い、2021年3月に退職し、インストラクターを目指しました。

理学療法士としての知識を活かしながら、産後女性の体力作りや身体のケアをしていきたいと思っています。


▶︎浜松市東区材木町で毎週月曜日にバランスボール教室を開講しています

https://msugimura3.wixsite.com/room

2022年1月3日月曜日

【新インストラクターのご挨拶】桐原沙織(埼玉県)

 【新インストラクターのご挨拶②】

2021年は4名の産後セルフケアインストラクター

1名のボールエクササイズ指導士

1名の産後セルフケア指導士がデビューしました。


全国で頑張る・新インストラクターをご紹介します。

2022年も応援をよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

\サポートファンディングにも挑戦中/


インストラクターのストーリーを「応援したい!」という方は

ぜひご寄付をお願いいたします。


産後ケアを、もっと、みんなの日常に。

いただいたご寄付は、産後ケアを広げる活動全般に使われます。

例)

・産後ケアバトン制度の運用(コーディネート)、リーフレット作成

・広報活動費

・啓発活動

など

https://madobe.madrebonita.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●産後セルフケアインストラクター・桐原沙織(埼玉県)



2014年12月3日に初めて産後ケア教室に参加し、その7年後の昨年12月3日、産後セルフケアインストラクターとして自分の教室を開講しました。

この7年間でわたしがマドレから受け取ったものを、今度はいま産後を迎えている方たちに届ける番だなと感じています。

無事にデビューして初めての1ヶ月。

バランスボールエクササイズでリフレッシュしたり、身体の変化を感じてくださることはもちろん、対話の時間を通して自分の本当の希望や思いに気づき、生き生きとした表情に変化する様子を見ると、心から感動します。

どんなに些細なことでも、参加者のみなさんが何かのきっかけをつかむ場に今年も立ち会えたら、わたしはすごく幸せです。


養成スクール中は、たくさんの応援ありがとうございました。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


▼大宮、戸田公園でレッスンを開催中。詳細はこちらをご覧ください。

https://saorikirihara.amebaownd.com/

2022年1月2日日曜日

【新インストラクターのご挨拶】小山田由貴(石川県金沢市)

 【新インストラクターのご挨拶①】

2021年は4名の産後セルフケアインストラクター

1名のボールエクササイズ指導士

1名の産後セルフケア指導士がデビューしました。

全国で頑張る・新インストラクターをご紹介します。

2022年も応援をよろしくお願いいたします。

●産後セルフケア指導士・小山田由貴(石川県金沢市)


昨年6月に准認定「産後セルフケア指導士」としてデビューしました小山田由貴です。

2016年、第1子と共にマドレボニータの産後ケア教室に参加し、産後ボロボロだった心身が回復し徐々に自分を取り戻すことが出来ました。

2年後に第2子を出産、産後ケア教室に再び参加し、「私もこんな場を開きたい!」と思いました。

そして2021年「新しい養成スクール」がスタートし、1期生として11名の仲間と一緒に3ヶ月間学びました。

現在は金沢市を拠点に産後セルフケア教室を開催しています。マドレボニータの産後ケアを北陸地方でも多くの方に知り、取り組んでもらえるようがんばります。

金沢弁だと「がんばりまっし!」です!

▶︎日々の活動の様子は

https://instagram.com/yukioyamada35


2022年1月1日土曜日

【新年のご挨拶】2022年もよろしくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます。

2021年は新しい養成スクールが始動し、新しいインストラクター6名、「産後セルフケアアドバイザー」9名が誕生しました。

本年も皆さまのお力をお借りしながら、より多くの方に産後ケアを届けていけるよう努めてまいります。

〈共同代表からのご挨拶〉


●理事長 中桐昌子

あけましておめでとうございます!

事業承継のバトンを受け取り、新体制となって丸1年。

メンバーそれぞれのカラーをしっかりと発色させながら、一人一人がリーダーシップを力強く発揮し、新しい組織基盤を創ることができた一年となりました。

また、団体内外関わらず、多くの出会いに満ちた一年の中で、社会をよりよくしたい!という熱い想いを持ち、力を尽くそうとされている方たちの存在にとてもエンパワメントされる日々でもありました。

『産後』を起点に集まった、ひとりひとりのLIVE YOUR LIFEがあり、そこから立ち上がってきたものの集合体がマドレボニータでありたい。

この一年も、みなさまと一緒に、誰もが自分らしく生きられる社会を作っていきたいと思います!

●理事長 山本裕子

新年あけましておめでとうございます!

昨年は新体制となり、必死に団体を運営を守りながらも、それぞれの強みをどう団体に反映していくか? そして新たな団体の形を模索してきた一年でした。

その中では、今まで以上に対話を丁寧に進め、その力の大きさとともに、難しさを感じる日々でもありました。

とはいえ、対話の大切さを現場で伝える私たちにとって、ここでの学びが間違いなく、大きな糧になっているはずです。

どんな時でももがきながら、自分の本当の望みに向かって進んでいく姿勢を体現していけるよう、2022年も力を合わせて進んでいこうと思います!

本年もよろしくお願いいたします。

2022年1月1日

認定NPO法人マドレボニータ


\産後ケア教室(対面&オンライン)モニター受講受付中!/

https://www.madrebonita.com/monitor-questionary

\よろしければご寄付でも応援してください/

▼産後ケアをみんなで支えるWebサイト『マドレのマドベ』

https://madobe.madrebonita.com

▼マンスリーサポーター『マドレ応援団』

https://www.madrebonita.com/donate-monthly

▼単発のご寄付

https://www.madrebonita.com/donation-offers

※マドレボニータは認定NPO法人です。ご寄付は寄付控除の対象になります。