2019年9月18日水曜日

◆マドレイベントスケジュール ~ まどれ暦 ~

単発講座・イベントを一覧でお知らせします。ぜひご参加ください!
詳細は講座/イベント名のリンクをご覧ください。

【産前・産後の方向け】
【定期開催】全国の産後ケア教室を探すのはこちらから

◆【定期開催】毎月4回、隔週月・水曜日の10:30-11:30開催
聖路加助産院マタニティケアホーム産前産後エクササイズ

◆【定期開催】東京都北区の児童館・子どもセンターにて開催。妊娠中の方もご参加いただけます
『産前産後のセルフケア講座』北区在住の方向け

◆【定期開催】毎月第2・第4金曜 10:00-11:30 神奈川県・横浜市青葉区
『心とからだを整える産後のセルフケア』(アートフォーラムあざみ野)

◆2019年9月21日(土)9:30-10:30 岐阜県・岐阜市
『朝活☆バランスボールレッスン』(講師:山本裕子)

◆2019年10月3日(木)10:00-12:00 三重県・桑名市
『赤ちゃんも一緒に★バランスボールでカラダもココロも弾もう』(講師:山本裕子)
主催:桑名本物力博覧会事務局

◆2019年10月10日(木)13:00-14:30 岐阜県・岐阜市
『産前産後の母親サロン』(講師:山本裕子)

◆2019年10月27日(日)13:00~15:00(受付12:45~)山形県・山形市
『心と身体を整える女性のためのセルフケア講座』(講師:若菜ひろみ)
主催:Wignal(山形ワーキングマザーの会)

【産後の方向け】 
◆『産後のバランスボール教室』
円山ユキコカンガルー助産院教室/豊水すすきの教室/浦和教室/鹿嶋教室/睦沢教室/御茶ノ水・神保町教室/神楽坂・飯田橋教室/三鷹教室/恵比寿教室/笹塚教室/
北千住教室/名古屋駅前教室/桑名教室 /一宮・篭屋教室/平針教室/赤池教室

◆2019年10月10日(木)10:00-12:20 愛知県・名古屋市中区
『相互保育deバランスボール @名古屋』
主催:マドレボニータ東海TOMOS


【カップル向け】
2019年9月28日(土)10:00-12:00 岐阜県・山県市
『両親学級』(講師:山本裕子)
主催:NPO法人かばさんファミリー

◆2019年10月12日(土)10:00-12:00 岐阜県・岐阜市
パパ大学〜子育て応援講座〜(午前)第2講座:”パパスイッチ”オン
 ママ講座 「産後ママのための運動教室」(講師:山本裕子)
主催:岐阜市・岐阜新聞社

◆2019年10月12日(土)14:00-16:00 岐阜県・岐阜市
『パパ大学〜子育て応援講座〜(午後)第1講座:そして、パパになる
3講目「産後クライシスを知っていますか?」』(講師:山本裕子)
主催:岐阜市・岐阜新聞社

◆2019年10月19日(土)10:00-12:00 岐阜県・岐阜市
パパ大学〜子育て応援講座〜(午前)第2講座:”パパスイッチ”オン
 ママ講座 「産後ママのための運動教室」(講師:山本裕子)
主催:岐阜市・岐阜新聞社

【卒業生向け/単発講座】
◆2019年9月27日(金)10:30-12:00 東京都・杉並区(東高円寺)
『バランスボール&ウォーキング』(講師:白石あすか)

◆2019年10月5日(土)8:30-9:30 東京都・杉並区(東高円寺)
『バランスボール』(講師:白石あすか)

◆2019年10月11日(金)10:30-12:00 東京都・杉並区(東高円寺)
『バランスボール&ウォーキング』(講師:白石あすか)

◆2019年10月25日(金)10:30-12:00 東京都・杉並区(東高円寺)
『バランスボール&ウォーキング』(講師:白石あすか)

◆2019年10月26日(土)9:30-10:30 岐阜県・岐阜市
『朝活☆バランスボールレッスン』(講師:山本裕子)

◆2019年11月16日(土)  10:15-11:45 埼玉県・所沢市
『バランスボール&ウォーキング』(講師:竹下浩美)

◆自宅で受講可能!オンライン講座はこちらから
『踊れるからだづくり 超超超基礎』
『踊れるからだづくり2 超超基礎』
『身体スキルトレーニング講座オンライン』

【その他イベント】

◆2019年10月9日(水)11:00-15:00(10:45集合)岐阜県・本巣市
『お互いさま交流会』(講師:山本裕子)
主催:マドレボニータ東海TOMOS


◆2019年10月19日(土)12:00〜18:10 東京都・渋谷区
『RAINBOW CROSSING TOKYO 2019』(代表吉岡マコ登壇)
主催:認定NPO法人 ReBit

◆2019年7月7日(日)13:30-15:30 東京都・渋谷区
『マドレボニータ活動報告会』
⇒終了しました。開催報告はこちらから

◆2019年5月18日(土)   13:00-17:00 東京都・品川区
『Madre Bonita DAY 2019
   ~NECワーキングマザーサロン10年の軌跡 ありがとうとこれから~』
⇒終了しました。開催速報はこちらから

マドレ式対話の場づくりラボ
プロジェクトの詳細と最新情報はこちらから

★Madre EXPO★ 参加企画一覧はこちら
マドレボニータNPO法人化10周年記念「Madre EXPO 2008-2018」と題し、各地で会員・応援団の皆さんによる企画を広く募集しました。(募集は終了いたしました。)


2019年9月14日土曜日

【会員主催イベントでの書籍POPご紹介】イベントでマドレストアの書籍を紹介していきたい!

こんにちは。マドレストア担当の若林美保です。

団体「マドレ・オホーツク」主催による「産後のための両親学級」講演会が8/31に北海道北見市で開催されました。
当日の開催報告はこちら (マドレ・オホーツクのブログへ)
マドレ・オホーツクはマドレボニータ会員の方を多く含む「北海道北見市を中心とした、産前産後ケア事業の定着を目指す有志団体」(ブログより)です。

講演会では、マドレストアで取り扱っている書籍を閲覧できるよう「書籍コーナー」を作ってくださったそうです。
手作りのPOPも!!写真でご紹介します!!

産褥記はAmazonでお求めになれます

産褥記3はマドレストアで購入できます

色に合わせたPOPがかわいい!

マドレジャーナルが閲覧できる機会は貴重です。下にはマドレオリジナルてぬぐいが敷かれており感激!

最新の35、36、37号も!

講演会のテーマに沿った、マドレジャーナルの連載も紹介

37号はマドオホが大きく取り上げられています!


読みながら楽しく準備してくださったそう!うれしいです

ストアで買えるのは右下の28号のみ。あとは貴重な初期の号です


手書きのPOPのパワーを感じます

POPは4人で分担して書いてくださったそうです。保管して次のイベントでも使うとのことです。
「これからもイベントでマドレストアの書籍を紹介していきたいと考えています」
という温かいメッセージもいただきました。
マドレストアはオンラインショップでなかなか本の現物を手にとっていただける機会がありません。
書籍を知ってもらう機会をこうして自主的に作っていただき、とてもうれしく思います!
ありがとうございました。

▼マドレジャーナル第37号  特集:ムーブメントはわたしたちが創る!
特集①では「マドレ・オホーツクにみる『祭り』の創り方」と題し、マドレ・オホーツクのグループ座談会を掲載しています。仲間や地域での活動の参考になること間違いなし!
https://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=144011326

2019年9月13日金曜日

これからも魅力的な皆様と交流したいから【マドレ応援団・ご支援者の声】


マンスリーサポーター『マドレ応援団』は、クレジットカードで毎月定額寄付することによりマドレボニータの活動を支援できるしくみです。

新たにご支援くださる方の声をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マドレボニータの活動に色々関わらせていただき、これからも魅力的な皆様と交流したいなと思い、申し込みました。
よろしくお願いいたします!
(東京都 樋口 智子さん)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます!実は、転居に伴い名古屋と東京で産後ケア教室に参加くださったという樋口さん。NECワーキングマザーサロン・プロジェクトにも関わってくださいました。マドレ応援団のコミュニティでも交流を広げていただければ嬉しいです!

 マンスリーサポーター『マドレ応援団』のご案内 

産後ケアを、すべての家族に届けるために。
産後ケアを広げたい!産後ケアで人生が変わった!という仲間とつながる機会に。
マンスリーサポーター『マドレ応援団』に参加しませんか?

毎月1回のメールレター
会員・応援団限定のFacebookグループ
会報・年次報告書(各 年1回送付)
などで活動の様子をお伝えします。

活動報告会や総会など、皆様とリアルに交流する機会もございます。
(オンライン会議ツールでの参加も可能です)


皆さまからのご支援は、
全国での「産後ケア教室」の普及
インストラクターの養成
企業への復職支援プログラム導入推進など、
産後ケアを広めるための活動に
大切に使わせていただきます。







2019年9月10日火曜日

【ご利用者の声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』2019年5月 宇都宮教室/妊娠22週以降に連続45日以上入院した母

産後ケアバトン制度ご利用者の声をご紹介します。

※マドレボニータは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。
社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すため、教室の受講料を補助しています。
2019年7月は、20組の親子が制度を利用して産後の心身のリハビリに取り組まれました。
◆2019年8月末現在までの『産後ケアバトン制度』受講件数(リピート除く)は1,117件です

受講後アンケートでお寄せいただいたご感想をご紹介します。



A.Hさま

2019年5月宇都宮教室




受講事由:
妊娠22週以降に連続45日以上入院した母

***
寄付者のみなさま、このような素敵な機会を作って下さってありがとうございました。
私は、妊娠26週目から切迫早産になり、約3ヶ月間入院をしました。入院中は、赤ちゃんが生まれないように24時間点滴。副作用では、めまい、息苦しさ、体の火照りなどに悩まされました。またトイレ以外は、寝たきりの生活だったため、体力が低下し出産のときは大変でした。
出産後も体力が低下した状態からの子育てだったので、とても苦労しました。また産後、精神が不安定になり、勝手に涙が出てきてしまうこともありました。そんな中、友人からマドレボニータを誘って頂き参加しました。仲間と一緒に運動をすることで、楽しく体力を回復したり、シェアリングでは、母親としてではなく、自分が主体となって話すことで体も心も回復することができました。
マドレボニータの産後ケアバトンという制度は、母親になった人の心の支えだと思います。
引き続き、ご支援よろしくお願い致します。
***

マドレボニータでは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母など。


みなさまのまわりにこのような事情を抱えながら産後を過ごしている方はいらっしゃいませんか?

産後ケアバトン制度は2014年9月コースより、合同会社西友さまの助成にて、平均月18組の母子をサポートできるようになりました。まだまだお受け入れが可能です。制度の利用対象に該当しそうな方へ、ぜひ「産後ケアバトン制度」をご紹介ください!

詳細はこちら
(1)マドレボニータの公式サイトの「産後ケアバトン制度」のページ
「産後ケアバトン制度」で検索していただければヒットします。

(2)産後ケアバトン制度 ご案内チラシ

このチラシの配布・設置にご協力いただける病院や自治体の窓口、子育てサロンなどがいらっしゃいましたら、マドレボニータ事務局(info@madrebonita.com)までお知らせください。

2019年8月31日土曜日

人生の舵を自分の手に取り戻した感動【マドレ応援団・ご支援者の声】


マンスリーサポーター『マドレ応援団』は、クレジットカードで毎月定額寄付することによりマドレボニータの活動を支援できるしくみです。

新たにご支援くださる方の声をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4歳になる次男の生後2ヶ月の時、マドレボニータの教室に参加し、自分の人生の舵を自分の手に取り戻した感動がついこの間のようです。
おかげさまで育休明けて元気にフルタイムで働いています。

ずっと応援したくて、友人に勧めたり、Facebookのいいね!とか、チャリボンとか細々とやってましたが、応援団のシステムは全く知りませんでした。応援しています!
(福岡県 A.Yさん)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

教室ご参加以来、さまざまな形でマドレボニータを応援くださりありがとうございます!
教室に参加し、自分の人生の舵を自分の手に取り戻した感動」…この言葉に共感されるご卒業生も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
そのときの感動を忘れずこうして応援団に参加してくださる事、本当に嬉しく思います。
これからもどうぞよろしくお願いします!

 マンスリーサポーター『マドレ応援団』のご案内 

産後ケアを、すべての家族に届けるために。
産後ケアを広げたい!産後ケアで人生が変わった!という仲間とつながる機会に。
マンスリーサポーター『マドレ応援団』に参加しませんか?

毎月1回のメールレター
会員・応援団限定のFacebookグループ
会報・年次報告書(各 年1回送付)
などで活動の様子をお伝えします。

活動報告会や総会など、皆様とリアルに交流する機会もございます。
(オンライン会議ツールでの参加も可能です)


皆さまからのご支援は、
全国での「産後ケア教室」の普及
インストラクターの養成
企業への復職支援プログラム導入推進など、
産後ケアを広めるための活動に
大切に使わせていただきます。







2019年8月29日木曜日

【ご利用者の声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』2019年4月 岐阜教室/多胎児の母

産後ケアバトン制度ご利用者の声をご紹介します。

※マドレボニータは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。
社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すため、教室の受講料を補助しています。
2019年7月は、20組の親子が制度を利用して産後の心身のリハビリに取り組まれました。
◆2019年7月末現在までの『産後ケアバトン制度』受講件数(リピート除く)は1,111件です

受講後アンケートでお寄せいただいたご感想をご紹介します。



E.Nさま

2019年4月岐阜教室




受講事由:多胎児の母


***
産後は、双子ということで出かけることにも気合いがいり、なかなか1人で2人を連れては外へ出られず、家での育児にいっぱいいっぱいの毎日でした。 また、何を用意するにも2人分必要で、産後は家計のことを考えると自分のためにお金を使うことにためらいもありました。 そんな時に友人からマドレと産後ケアバトン制度のことを紹介してもらい、これなら外に出て、自分のための時間を過ごせるかもしれない!と参加させていただき、心身ともにリフレッシュすることができました。 このような機会をいただけて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
***

マドレボニータでは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母など。


みなさまのまわりにこのような事情を抱えながら産後を過ごしている方はいらっしゃいませんか?

産後ケアバトン制度は2014年9月コースより、合同会社西友さまの助成にて、平均月18組の母子をサポートできるようになりました。まだまだお受け入れが可能です。制度の利用対象に該当しそうな方へ、ぜひ「産後ケアバトン制度」をご紹介ください!

詳細はこちら
(1)マドレボニータの公式サイトの「産後ケアバトン制度」のページ
「産後ケアバトン制度」で検索していただければヒットします。

(2)産後ケアバトン制度 ご案内チラシ

このチラシの配布・設置にご協力いただける病院や自治体の窓口、子育てサロンなどがいらっしゃいましたら、マドレボニータ事務局(info@madrebonita.com)までお知らせください。

2019年8月28日水曜日

【沖縄県より、グッズ購入者の声】目に見えるところにマドレのロゴを出していきます!

こんにちは、マドレストア担当の若林美保です。

新商品『機能性レディースTシャツ』の予約注文は先日8/26に締め切りましたが(一部の色は秋に販売いたします)、その際に他の商品も合わせて注文してくださったかたのコメントをご紹介します。
ステッカー10枚と、てぬぐい2枚組をご注文いただきました。

「ステッカーは、自分のスマホやタブレット, PCに貼っています。
先日スマホ&タブレットを買い換えたときに新しく貼ったのを見て、娘が『お母さん、それいろいろ貼ってるよね。』と言っていました。
持ち物に貼ることによって、話題のきっかけになるかもと思い、貼り付け続けていきます。配布の予定はありませんが、今回多めに注文させていただきました。
トートバッグやTシャツなど目に見えるところにマドレのロゴを出していきます。

他の方のように積極的な活動が難しいので、少しでも話題にできたらと思い私なりにやっていきます。
手ぬぐいも運動会練習中の日焼け対策に首に巻きます(笑)
これからもマドレの活動を応援します。

正会員・沖縄県 仲西綾香さま」

仲西さんは長いこと会員として参画し、Tシャツなどのグッズもたびたび購入してくださっています。
現在沖縄県で活動中の産後セルフケアインストラクターはおりませんが、日々の生活の中で、さりげなくご自身のまわりにマドレボニータの名前を広めようとしてくださること、とてもうれしく思います。
ありがとうございました。

【公式ステッカー】LIVE YOUR LIFE(1枚)150円
https://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=64315394

「マドレボニータ×七梅」コラボてぬぐい[グリーン]1,800円
https://madrebonita.shop-pro.jp/?pid=109670534