2016年5月23日月曜日

【産後ケアバトン+制作日誌】監修をお願いする先生方

こんにちは、マドレボニータの林です。

今、産後ケアバトン+プロジェクトでは、アプリ「ファミリースタート」に掲載する、産前産後のお役立ち情報のコンテンツを書き進めています。

マドレボニータでは、これまで書籍やブログ、ネットのメディア、SNSなど、様々な媒体で、産後の準備に必要な知識をお伝えしてきました。

アプリでこれらの情報を適切なタイミングで適切な分量でお伝えすべく、それらでお伝えしてきた内容をぎゅっと凝縮、再編しながら、コンテンツとしてご提供するための準備を進めています。

また、3名の先生にご協力いただき、これらのコンテンツの監修をお願いすることができました。

産科医:広尾レディース  宗田聡先生
小児科医: 埼玉医大総合医療センター 加部一彦先生
助産師:杏林大学 佐々木裕子先生



先生方の監修は、ご利用になる方の安全のために実質的に、安心のためにお守り代わりとして、大きな役割があるように思います。

医心の連載にも宗田先生のクリニックでの打ち合わせの様子とともに紹介されていますので是非ご覧くださいね。

医心 -テクノロジーで開拓する、新しい産後うつ予防-
「いよいよ、コンテンツ制作本格化」