2020年2月19日水曜日

三度の産後を経て「好きを仕事に」するまで~ボールエクササイズ指導士デビュー記念インタビュー~【vol.81】


メールマガジン『マドレ☆タイムズ』購読登録受付中!(無料)
マドレボニータでは「マドレボニータのことがもっとわかる!」月刊メールマガジンを配信しています。
マドレボニータの教室・講座にお申込みの方とNECワーキングマザーサロンまたはサミットにご参加いただいた方にお送りする他、購読をお申込みいただくことでもお読みいただけます。
配信から1ヶ月を経過したバックナンバーは公式ブログに順次掲載いたします。

まだブログに掲載されていない最新号は、購読をお申込みいただいた方のみご覧いただけます(購読申込完了メールにて最新号特別公開ページのURLをお知らせします)。

バックナンバーをまとめてお読みになりたい方はこちらから
メルマガ購読希望の方はこちらから

☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★
マドレタイムズ≪ vol.81≫
  2020年2月19日発行
☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★
≪Contents≫
【1】マドレな人々 ~ボールエクササイズ指導士“りんちゃん”デビュー記念インタビュー☆“好き”を仕事に!(1)~
【2】インストラクター養成より~エントリーの準備はいいですか?~
【3】対話ラボ:関西ラボ&春ラボ(東京)申込み始まりました!
【4】イベントスケジュール~『まどれ暦』~
  http://bit.ly/madre_event
【5】マドレボニータよりお知らせ
【編集後記】私のストレス解消法
ボニータさんへの相談を受け付けています。
相談&アンケートフォームはこちら!365日24時間受付中よ。

※編集部註:
・ボニータさんとは、マドレボニータのロゴマークにも登場しているアフロヘアーにブーツの女性です☆
ボニータの部屋バックナンバーはこちら
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【1】マドレな人々 ~ボールエクササイズ指導士“りんちゃん”デビュー記念インタビュー☆“好き”を仕事に!(1)~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
『ボールエクササイズ指導士』養成コース3期生として昨年春より鍛錬を重ねてきた“りんちゃん”、こと宮澤千尋さん。ついに12月にインストラクターデビューを果たし、『産後のバランスボール教室』東京都練馬区大泉学園と埼玉県和光市にて開講いたしました!
レッスンのご参加者のみなさまに、三児の母であることをいつも驚かれる、というのも納得の、キュートで凛とした佇まいのりんちゃん。その意外な職歴や産後のパートナーシップ、そして養成コースでのエピソードも含めてのインタビューを2回にわたってお届けいたします。“好き”を仕事へと結びつけてきたりんちゃんの熱い想い、必読です!
▼宮澤千尋インストラクター『産後のバランスボール教室』のご案内
・大泉学園教室(練馬区)
毎月第1・3火曜日 10:30-11:30開催
・和光市教室(埼玉県)
毎月第2・4木曜日 10:00-11:00開催
************************
≪前職はハイブランドメーカーのショップ店員!?≫
聞き手:12月に『ボールエクササイズ指導士』としてデビューして早くも2か月ですね!日々のレッスンはいかがですか?
りんちゃん:とにかくすごく楽しいです! ご参加くださった方が、一緒に参加された仲間たちと体を動かせることを心から喜んで下さったり、ご参加者同士でコミュニケーションをとる様子を見れるのがとってもうれしいです。
聞き手:ところでりんちゃんは、『ボールエクササイズ指導士』になる前はどんなお仕事をされていたのですか?
りんちゃん:女性向けハイブランドのアパレルメーカーで働いていました。
聞き手:りんちゃんの、可憐でかわいらしいイメージからは意外な経歴ですね! なぜその職業を選ばれたのですか?
りんちゃん:学生時代から「読書」と「音楽」と「ファッション」に興味があったので、好きなことを仕事にしたい!と就職活動をしていました。最初は校閲の仕事を希望していたのですが、準備不足から思いは叶わず…。働きながらも“自分のための時間”をしっかりと確保でき、プライベートも充実させられる職場を…と探していたところで、そのアパレル企業と出会いました。新卒で就職してから29歳で出産するまでの7年間、銀座や新宿などの店頭に毎日立って接客していました。
聞き手:7年間、毎日店頭で立ち仕事! 大変だったのでは?
りんちゃん:それが平気だったんです。
聞き手:それまで体を鍛えていたとか?
りんちゃん:全然鍛えてないです…。音楽が好きだったこともあり、クラシックギター部には所属していましたが、学生時代は運動部に入ったことはなくて…。ただ大学の時に飲食店のホール担当のアルバイトをしていたので、それで鍛えられたのかもしれません(笑)。
≪結婚、出産、専業主婦の日々…から怒涛の第二子産後≫
聞き手:そこから結婚、出産を経験されるのですよね。
りんちゃん:はい。社会人になってからも続けていた音楽活動の仲間と結婚することになり、28歳で結婚、第一子を妊娠しました。仕事は楽しかったので、産後は職場復帰するつもりだったのですが、当時住んでいた練馬区は待機児童数ワースト3に入るエリアで。半年待っても保育園に入れず…結果、退職せざるを得なくなりました。
聞き手:自分の想いに反しての退職…。辛かったのではないですか?
・第二子の産後、マドレの教室も行けず…
・「産後うつに片足を突っ込んでいるな」と思った、その時にしたこと
・“第三子、産む?産まない?問題”で育まれたパートナーシップ
後編もお楽しみに★
【文責・聞き手:中桐昌子】
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【2】インストラクター養成より~エントリーの準備はいいですか?~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
今年も熱い!『産後プログラム指導法集中講座1day』
去る1月26日に開催した『産後プログラム指導法集中講座1day』は、インストラクター養成へのエントリーを検討されている方に向けた内容に再編集し、「特別版」として実施しました。
★養成講師の竹下浩美インストラクターによる開催報告はこちら
そして今年の1day講座では「機能解剖学」と「セルフケア実技」にフォーカスを当てた講座も開催します。養成コースに関心のある方はもちろん、周産期医療や子育て支援に従事される方、「エントリーは考えていないけど、会員・応援団としてマドレの産後ケアをもっと知りたい!」というあなたのご参加もお待ちしております。初の名古屋開催も要チェック!!
<2020~21年集中講座1day開催予定と主な内容>
2020年6月(日時調整中)初の名古屋開催!内容検討中
2020年7月1日(水)産後ケア教室プログラムの概要と構成、場のデザイン&エクササイズ
2020年11月(日時未定)機能解剖学とセルフケア実技&エクササイズ
2021年1月(日時未定)
2021インストラクター養成エントリー直前SP版
*内容や開催日は変更する場合があります。
2020インストラクター養成、エントリー受付開始間近
2020インストラクター養成のエントリー受付までついに2週間を切りました。エントリー動画課題、フォームのサンプルなどエントリーに備えて準備ができるよう必要な情報を限定公開しています。募集要項を見てみたい!という方はエントリー予定がなくても構いませんので、ぜひこちらから資料請求してくださいね。
<2020インストラクター養成、今後の主なスケジュール>
3/2-3/15 エントリー受付
3/16-4/9 エントリー選考
4/22 1dayオリエンテーション
5/11 養成カリキュラムスタート
なお、2月までの期間限定で、オンライン講座をご購入の方へ、エントリー応援キャンペーンも実施中です!詳しくは資料請求してくださった方に配信する養成メルマガで最新情報をいち早くお受け取りください。
またインストラクター養成に関する情報は、SNSや公式サイト、ブログでも公開しておりますので、ぜひチェックしてみてください。
養成コース公式サイト
養成コース公式Facebook
養成コース公式ブログ 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【3】対話ラボ:関西ラボ&春ラボ(東京)申込み始まりました!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
マドレ式対話の場づくりラボ」 を、2020年4月~7月にかけて再び開催します!
今回は、昨年のクラウドファンディングで招致権を獲得した【関西ラボ】と、東京を会場とする【春ラボ】の2地域で開催します。4日間のセミナーと約3か月間のオンライングループを通じて、「マドレ式対話の場づくりメソッド」を実践しながら、深い気づきが生まれる対話とは何か、どのようにして生み出されるのか、紐解いていきます。関心のある方、ぜひ詳細をご確認ください!
【関西ラボ】 日程:2020年 4/26(日)、5/24(日)、6/7(日)、6/21(日) 全4回 いずれも10:30~16:30
場所:(1)4/26、(4)6/21(大阪市中央区)(2)5/24、(3)6/7(西宮市さくら夙川)
対象:男女問わず
   家族、職場、学校、地域などでより良いコミュニケーションをとりたい方
   対話や対話のある場づくりに関心がある方
   自分の考えや気持ちを掘り下げたい方
内容:概要をWEBサイトに記載していますのでぜひご覧ください
定員:15名
参加費:35,000円(全4回の参加体験型セミナーと3ヶ月間のオンライングループ。欠席回がある場合は録画を共有します)
申込:関西ラボ申込フォーム からお申込みください。
主催:KAMP
【春ラボ】
日程:2020年 4/26(日)、5/17(日)、6/14(日)、7/4(土) いずれも10:00~16:00
場所:東京都内
対象:「マドレ式対話の場づくり」に興味のある方
内容:概要をWEBサイトに記載していますのでぜひご覧ください
定員:15名(最少催行人数10名)
参加費:35,000円(全4回の参加体験型セミナーと3ヶ月間のオンライングループ。欠席回がある場合は録画を共有予定)
申込:春ラボ申込フォームからお申込みください。
主催:認定NPO法人マドレボニータ
マドレボニータ事務局/KAMP :卜部眞規子】
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【4】イベントスケジュール~『まどれ暦』
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
『まどれ暦』でマドレ関連の講座・イベントを一覧でお知らせしています。ぜひチェックしてご参加ください!
★公式ブログ『まどれ暦』はこちら★
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【5】マドレボニータよりお知らせ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
マドレ基金:産後ケアバトン制度』ご利用・ご支援のご案内
以下にあてはまる方は『産後ケア教室』受講料の全額補助や介助ボランティアによるサポートが受けられる場合があります。
多胎児の母/ひとり親/障がいのある児の母/早産児・低出生体重児の母/出生後から生後180日の間に連続21日以上入院中または入院した児の母/10代の母/妊娠22週以降に連続45日以上入院した母/東日本大震災で被災し、避難中の母
マドレ基金:産後ケアバトン制度』詳細はこちら

産後ケアバトン制度は皆さまからのご寄付で運営しています。この取り組みをこれからも継続するために、ご支援くださる法人・個人の方を募集しています。
アプリ『ファミリースタート』
ご友人などから「妊娠した」と聞いたら…ご紹介ください!マドレボニータの産後ケア教室がお近くにない方も、セルフケアや産後の過ごし方を事前に知って準備しておくことができます。
アプリ詳細とダウンロードはこちら

ぜひお仲間に!『マドレ応援団』を募集しています!
マドレ応援団』は「すべての家族に産後ケア」を目指し、産後ケアの普及・啓発活動を行うマドレボニータを毎月定額のご寄付で応援していただく制度です。限定Facebookページや限定メールレター、会報等で活動の最新情報をお届けします。 マドレ応援団の詳細・申込みはこちら
【編集後記】テーマ/私のストレス解消法
◎コーラスクラブにも参加しているので一番は歌うこと!イライラしたときのストレスには部屋の整理整頓が効きます。そして最近見つけたストレス解消法は字を書くこと。最近、念願の書道講座に参加でき、短時間でも心を無にして筆を動かすことで心が落ち着くのを実感しました。仕事机には「ペン字練習帳」を置いて気分転換に練習しています。(北澤ちさと)
◎「閉店ガラガラ」です。仕事などであまりにも疲れた日は、夕方に「お母さんは今日、8時で閉店しまーす。7時半にお風呂も入って、洗濯物を出して、ご飯を食べ終わってください」とアナウンスして、本当に20時以降家事をしません。子どもたちは「閉店ガラガラだよ」と一生懸命動いて協力してくれるので、閉店後は布団にくるまって読書をしたりスマホをいじったりしています(長野奈美)
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
【 編集発行 】特定非営利活動(NPO)法人 マドレボニータ
マドレタイムズ編集部/北澤ちさと・木村由樹子・白石あすか・中桐昌子・長野奈美・ボニータ・吉田紫磨子・若菜ひろみ)
【公式サイト】 【公式ブログ】
【Facebook】 【Facebook】英語版
【Instagram】 【ツイッター】
→メルマガの感想をハッシュタグ「#マドレタイムズにてお寄せください!
【お問い合せ】info@madrebonita.com事務局)
*このメールはマドレボニータの教室・講座にお申込みくださった方とNECワーキングマザーサロンまたはサミットにご参加いただいた方、メールマガジンの購読をお申込みくださった方にお送りする、「マドレボニータのことがもっとわかる!」月刊メールマガジンです。
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆