2018年3月21日水曜日

【マドレ☆タイムズvol.58】3/25(日)まで!ファッションブランドJAMMIN×マドレボニータコラボ実施中

メールマガジン『マドレ☆タイムズ』購読登録受付中!(無料)
マドレボニータでは「マドレボニータのことがもっとわかる!」月刊メールマガジンを配信しています。
マドレボニータの教室・講座にお申込みの方とNECワーキングマザーサロンまたはサミットにご参加いただいた方にお送りする他、購読をお申込みいただくことでもお読みいただけます。
配信から1ヶ月を経過したバックナンバーは公式ブログに順次掲載いたします。

まだブログに掲載されていない最新号は、購読をお申込みいただいた方のみご覧いただけます(購読申込完了メールにて最新号特別公開ページのURLをお知らせします)。

バックナンバーをまとめてお読みになりたい方はこちらから
メルマガ購読希望の方はこちらから

☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★
マドレ☆タイムズ

認定NPO法人マドレボニータ
http://www.madrebonita.com
≪メールマガジン vol.58≫
2018年3月21日(水)発行
☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★

*このメールはマドレボニータの教室・講座にお申込みくださった方とNECワーキングマザーサロンまたはサミットにご参加いただいた方、メールマガジンの購読をお申込みくださった方にお送りする、「マドレボニータのことがもっとわかる!」月刊メールマガジンです。

≪Contents≫
【1】ボニータの部屋 ~教えて!ボニータさん☆!いよいよ赤ちゃんが保育園に入園!離れるのが寂しすぎる! ~
【2】クラウドファンディング挑戦中です!
【3】一週間限定!『JAMMIN』×マドレボニータコラボ商品販売中!
【4】3/5『産後ケアの日』キャンペーンのお知らせ
【5】インストラクター養成コースより ~『養成コース11期』エントリー開始!~
【6】NECワーキングマザーサロンNEWS ~ 第10期メンバー募集中! ~
【7】マドレイベントスケジュール ~ まどれ暦 ~
【8】マドレボニータよりお知らせ
【編集後記】「卒業」

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【1】ボニータの部屋 ~教えて!ボニータさん☆!いよいよ赤ちゃんが保育園に入園!離れるのが寂しすぎる! ~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
「こんにちは。産後5ヶ月のYです。この待機児童が蔓延しているご時世に堂々と言いづらいんですが、4月から息子が第1希望の保育園に入園することになりました。妊娠中から大きなお腹で保活した甲斐あってなので、超絶嬉しいはず…!なのに、全然嬉しくないんです。4月がくるのが怖いくらいです。なぜかと言うと、息子と離れるのが寂しすぎて。今まで24時間ずっと一緒。最近は寝返りを始めたり、日々成長する姿を見逃がしたくなくて。夫に伝えると「じゃー、復帰を延期したら?」と言われるんですが、復帰はしたいんです!でも寂しいんです!こんな小さなうちから離れていいのか不安なんです。この気持ち、どうすればいいでしょうか?」

はーい!ボニータよ。その寂しい気持ちわかるわ!ボニータも〇十年前のことだけど、昨日のことのように覚えているもの。別れ際、ボニート(息子)より先に泣いてしまって、保育士さんに笑われたぐらいよ。先日の同窓会でもこの話持ち出されたわ。でもね…「保育園に入園するのは、海外留学させるのとは違う!」毎日会えるし、ご飯も一緒に食べられるし、お風呂も一緒に入れるし、もちろんギュッとくっついて寝ることができるわ。会えなくなるわけじゃない!数時間離れる分、愛おしさも増して、お迎えはきっと毎日スキップよ。

Yさんが寂しいと思うのはこれまで24時間毎日一緒に過ごしてきたから、お子さんの気持ちを誰よりも理解して、寄り添えているということ。保育園に慣れるまでは、お子さんが泣くこともあるけれど、そんなお子さんの気持ちを誰よりも理解しているのよね。赤ちゃんが泣くのも「お母さんじゃなくちゃイヤ!」ではなくて、今まで慣れ親しんできた環境からの変化が不安で、寂しいから!なので、寂しくは感じても、離れることに罪悪感はもたないでほしいわ。

4月に入ったら急に毎日8時間以上離れるわけじゃないわよね。「慣らし保育」といって、徐々に保育時間を長くしていくの。これってお子さんが保育園に慣れるためだけではなくて、保護者の寂しい気持ちも徐々に慣らしていくための仕組みだと思うの。Yさんの寂しい気持ちにもきっと効くわ。そして新しい環境に入っていくのはYさんも同じ。家事の合間にお昼寝やYouTubeというわけにもいかないからこそ、疲れやすいわ。慣らし保育は自分のためとも思って、しっかり慣れていってね。

きっと仕事の楽しさや充実感を思い出すと同時に、自分の子どもを一緒に愛おしんでくれる保育士さんとも絆が深まって、お子さんも同じ年齢のお友達ができて(家庭では出会えないわよね)、「もっと保育園で、長く楽しく過ごしていて!」って思うようになるはず!新生活楽しんで!


【文責:ボニータ】
▼相談&アンケートフォームはこちら!365日24時間受付中よ。
 http://goo.gl/qBTrEL

 ※編集部註:
 ・ボニータさんとは、マドレボニータのロゴマークにも登場しているアフロヘアーにブーツの女性です☆

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【2】クラウドファンディング挑戦中です!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
産後ケアをもっと多くの地域でお届けするために、クラウドファンディングに挑戦しています。
▼『マドレキャラバン2018 未来のインストラクター発掘の旅』
https://readyfor.jp/projects/madrebonita-caravan

今回のクラウドファンディングでいただきましたご寄付は、インストラクター養成のため、日本各地でインストラクターを志す方と出会う場を作る費用に使わせていただきます。

このクラウドファンディングは【3月1日(木)~ 4月16日(月)23:00】までの期間限定です。
開始以来たくさんのご支援をいただき、現在目標の約半分まで達成したところです。しかし、終了日までに目標金額の200万円に1円でも達しなければ成立いたしません。ぜひ情報のシェアやご支援を、引き続きお願いいたします!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【3】一週間限定!『JAMMIN』×マドレボニータコラボ商品販売中!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
チャリティー専門のファッションブランド『JAMMIN(ジャミン)』さんとのコラボ商品が発売中です!
”Love the life you live, Live the life you love.”(あなたが生きる時を愛せよ。あなたが愛する時を生きよ)の文字が入ったTシャツやパーカ、トートバッグなど豊富なラインナップでお届けしています。キッズTシャツもありますのでご家族でぜひお買い求めください!
▼ご購入はこちらから。マドレボニータへの寄付となる商品の販売は3月25日(日)までです!
https://jammin.co.jp/shop/
▼公式Facebookページにて購入した方の着画アルバム公開中!サイズやスタイルの参考にしてください。
https://goo.gl/3dL8iY

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【4】3/5『産後ケアの日』キャンペーンのお知らせ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
▼出産祝いに産後ケアをプレゼントしよう
\\期間限定:産後白書付き//
出産祝いに、「マドレ教室チケット」を贈ってみませんか?
全国各地のマドレボニータの教室で利用可能なチケットです。
プレゼント日を指定できるので、出産予定日に合わせて贈れます。
チケットの金額は3,000円、5,000円、10,000円の3種類。

3/5『産後ケアの日』を記念して、2018/3/31までにチケットをご購入いただくと、チケットを受け取った方にもれなく『産後白書1』をプレゼント。
ぜひこの機会に大切なご家族、ご友人、職場のお仲間に、マドレ教室チケットをプレゼントしてくださいね!

詳しくはこちらから。
https://www.35.madrebonita.com/ticket

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【5】インストラクター養成コースより ~『養成コース11期』エントリー開始!~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
こんにちは。養成コース担当講師の白石あすかです(通称『スライス』、お見知り置きください☆)。
クラウドファンディングやチャリティーブランド「JAMMIN」とのコラボなど、産後ケアを届ける担い手であるインストラクター養成に注目が集まっておりますが、ついに!今年5月より『インストラクター養成コース11期』がスタートします。

去る2月20日には『養成コース体験講座』を実施、養成コースの概要などもお伝えしつつ、養成コースのトレーニングを「肌で感じる」ことを主眼にしたプログラムで開催しました。
http://madreyouseiteam.blogspot.jp/2018/03/11.html

遠方にお住まいなど、当日ご参加が叶わなかった方にもご覧いただけるよう当日の様子を収録した動画を有料配信しています。
「インストラクターに必要なスキルとは?」「教えるスキルを下支えするもの」など、興味のある方はぜひご自身の目で確かめてみてください。

そして、養成コース11期エントリーフォームがただいま公開中。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfz5onECJCrisfvkfwXjc2P5bc7LQwgI0YLxgjf4yX0A-BZhg/viewform

どなたでも無料で閲覧可能ですのでよかったら少し覗いてみてください。
ご自身の熱い意気込みはもちろん、パートナー(配偶者)にご記入いただくところもあります。プログラムの中で「パートナーシップ」のテーマを取り扱うマドレボニータならでは!

エントリーだけでこのボリューム?と驚かれるかもしれません。
ですが、産後ケアの専門家として活動するために半年という期間を費やすわけなので、その覚悟と同じ志を持って一緒に切磋琢磨できるか、選考する講師陣もまた引き受ける覚悟を持つために、エントリーの時点でしっかり思いや現状を書いていただくことが必要だと考えています。

エントリーフォームは4月2日(月)のエントリー締切と同時に見られなくなります。
今回11期は見送るけれど、将来的にはインストラクターに!と少しでもお考えの方は、この機会にぜひご覧になってください。

▼産後セルフケアインストラクター養成コース公式サイト
http://madrebonitatraining.strikingly.com/
▼インストラクター養成BLOGも鋭意更新中!
http://madreyouseiteam.blogspot.jp/

【文責:産後セルフケアインストラクター 白石あすか】

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【6】NECワーキングマザーサロンNEWS ~ 第10期メンバー募集中! ~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
「母となってはたらく」がテーマの、対話を中心としたワークショップ「NECワーキングマザーサロン」は、毎年度募集するボランティアメンバーによって運営されています。
第10期となる今年も、6月からのサロン開催に向けて、新たなプロジェクトメンバーを募集しています。
▼プロジェクトメンバーとは?
http://blog.canpan.info/wms/ar chive/1918

◇「本部メンバー」のご紹介→ http://blog.canpan.info/wms/archive/2208
◇「進行役」候補者は4月初めにご紹介予定です☆
◇「サロン運営メンバー」は4月初めより募集開始します!もう少しお待ちください。
◇「全体サポートメンバー」以下4チームを現在募集中です!
 http://blog.canpan.info/wms/archive/2207

▼「研修伴走・対話」
進行役研修の伴走および、11月まで「話す」「聞く」場をオンラインなどで設けながら、自分の思いに向き合う場づくりの実践と考察をしていきます。
《要件》第8期・第9期の進行役または伴走役経験者
《締切》2018年3月21日(水)17時締め切り


▼「アンケート」
サロン参加者アンケートを作成し、ご参加者のリアルな声を集め、見える化します。アンケート項目検討、データ入力、集約データのチェック、結果まとめ、分析、共有などを行います。
《締切》2018年4月9日(月)17時締め切り

▼「広報 」
各地のサロン運営チームに、広報の方法を紹介したり、テンプレートの共有をします。また、メンバー同士でサロン活動の広報について、学び合う場を運営します。
ブログやサロン公式のSNSアカウント、マドレボニータのメルマガ(今お読みいただいているメルマガです!)へ寄稿するなどして、各地のサロン運営チームの広報サポート、プロジェクトの認知を高めたり、参画者を増やすための定期発信をします。
《締切》2018年4月9日(月)17時締め切り


▼「コミュニティ」
6~11月の活動中、チームが自走するためにサロン運営やチーム運営に寄り添います。運営面の相談にのったり、サロン運営・チーム運営についてプロジェクトメンバーグループ内でメンバーに向けた情報シェアをしたりします。運営についてメンバー同士が話したり深めたりする場も開催したいと考えています。
《要件》サロン運営メンバー経験者(進行役経験は問わず)
《締切》2018年4月9日(月)17時締め切り

詳細はこちらへ⇒ http://blog.canpan.info/wms/archive/2207

ーーー
▼NECワーキングマザーサロン活動情報はこちらから
[FBページ]https://www.facebook.com/wmsalon
[ブログ]http://blog.canpan.info/wms/
[Twitter]https://twitter.com/wm_salon (アカウント名→@wm_salon)
[Instagram]https://www.instagram.com/necwms/ (アカウント名→@necwms)

【文責:NECワーキングマザーサロン・プロジェクト本部 高橋葉子】

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【7】マドレイベントスケジュール ~ まどれ暦 ~
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
☆公式ブログ『まどれ暦』にて全国のマドレ関連の講座・イベントを一覧でお知らせしています。ぜひチェックしてご参加ください!
http://madrebonita.blogspot.jp/2015/09/2015910.html

☆NPO法人化10周年記念企画「Madre EXPO 2008-2018」ご紹介
・2018年3月30日(金) 10:30-12:00 愛知県・名古屋市
「母となった私をのこす」ポートレート撮影会
(山本裕子インストラクター・記念写真家 白川マゆみさん主催)

▼Madre EXPO企画一覧はこちら
http://madrebonita.blogspot.jp/2018/01/npo10madre-expo-2008-2018.html

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【8】マドレボニータよりお知らせ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
☆『マドレ基金:産後ケアバトン制度』ご利用・ご支援のご案内☆
以下にあてはまる方は「産後ケア教室」受講料の全額補助や介助ボランティアによるサポートが受けられる場合があります。

多胎児の母/ひとり親/障がいのある児の母/早産児・低出生体重児の母/出生後から生後180日の間に連続21日以上入院中または入院した児の母/10代の母/妊娠22週以降に連続45日以上入院した母/東日本大震災で被災し、避難中の母

▼『マドレ基金:産後ケアバトン制度』詳細はこちらからどうぞ
https://www.35.madrebonita.com/madre-carebaton

☆会員制度のご案内☆
マドレボニータでは会員(正会員・賛助会員・法人会員・マドレ応援団)を募集しております。
▼会員制度の詳細・お申込みはこちらからどうぞ
https://www.35.madrebonita.com/get-involved

☆ご友人などから「妊娠した」と聞いた!…ご紹介ください!アプリ「ファミリースタート」☆
マドレボニータの産後ケア教室がお近くにない方も、セルフケアや産後の過ごし方を事前に知って準備しておくことができます。
▼アプリご紹介サイトはこちら。ダウンロードもこちらから。
http://www.35.madrebonita.com/familystart


【編集後記】テーマ/「卒業」
◎子どもの小学校の体育館で行われた、地域のさまざまな団体による音楽会を聴きに行きました。トリをつとめたのが同じ学区の中学校の吹奏楽部!例年3年生にとっては卒業を目前に控えての最後の演奏の機会がこの音楽会とのことでした。迫力がありつつ温かみのある演奏、そして3年生に前に並んでもらって1-2年生による感謝を込めての演奏。新部長の挨拶も力強く、3年生も安心して卒業できるだろうなと思いました。1-2年生・3年生・そして保護者…どの立場を想像しても泣けました。(太田智子)
◎ちょうど10年前の2008年3月、当時交際していた彼(現在の夫)が大学を卒業し、入社して最初の赴任地が北海道の北見市に決まりました。私もその1年後に卒業して北見市へ移り住み、北見市で出産してマドレと出会い、今はこうして事務局でお仕事をさせて頂いています。10年前に彼が北見市へ行くことになったのは、私たちの人生において大事なことだったのだな…と、マドレ10周年イベントの夜に感慨深く思ったのでした。(木村由樹子)
◎自慢ではありませんが、数々迎えた自分の卒業式で涙したことがない、というのが卒業の思い出です。(卒業の先に広がる新生活の方に心が向いてしまって!)そんな私ですが、子どもの卒園&卒業式となると涙が溢れて止まらない自分に驚くのと同時に、卒園式で号泣している子どもたちの、感受性豊かな姿に敬意さえ抱いてしまいます!(中桐昌子)

▼よろしければ以下のフォームよりご感想をお寄せください。
ボニータさんへの質問も受付中です!
http://goo.gl/qBTrEL

▼バックナンバーはこちら
https://goo.gl/yhGVfK

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
【 編集発行 】特定非営利活動(NPO)法人 マドレボニータ
(マドレタイムズ編集部/太田智子・北澤ちさと・木村由樹子・白石あすか・中桐昌子・ボニータ・吉田紫磨子・若菜ひろみ)
【公式サイト】http://www.madrebonita.com/
【Facebook】http://www.facebook.com/NPOmadrebonita
【ツイッター】http://twitter.com/madrebonita
→メルマガの感想をハッシュタグ「#マドレタイムズ」にてお寄せください!
【お問い合せ】info@madrebonita.com(事務局)
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆