2016年9月29日木曜日

【開催報告】MadreBonitaDAY2016 -子育てのスタートをみんなで支え合おう- ⑶

【開催報告】MadreBonitaDAY2016 -子育てのスタートをみんなで支え合おう- ⑴
前編はこちら後編はこちら

第2部:トーク「みんなではじめる新しい「家族」のかたち」

ゲスト:井上英之さん、井上有紀さん(INNO-Lab International 共同代表)
コーディネーター:吉岡マコ(NPO法人マドレボニータ 代表)

ゲストスピーカーはソーシャルビジネスの研究や社会起業家の育成・輩出に取り組んでこられた一般社団法人INNO-Lab International共同代表の井上英之さん・有紀さんのお二人。


井上ご夫妻は今年第一子が誕生。当日、会場にも同伴されていました。

ご夫婦で味わった産後の体験から、現代の家族や社会が抱える課題をひも解きながら、お話しされました。




井上さんご夫妻のお話は、ご参加者のご感想にも様々な考察や気づきを得られたとお声が寄せられました。
マドレボニータの機関紙「マドレジャーナル」で是非改めてご紹介したい、とスタッフ一同考えております。

第3部:みんなで語ろう!未来の子育て「大変な ”産後”だからこそ、支え合う喜びがある。」

コーディネーター:吉岡マコ(NPO法人マドレボニータ 代表)

第3部はグラフィックレコーダーの小針さんより、グラフィックを使った1部、2部の振り返りから始まりました。
このお話を受けて、以下の順番にワークを進めていきました。

  1. 第1部・第2部で、あなたがもっとも心を動かされたことは?
  2. 「子育てのスタートに必要なこと」について、あなたは今、「知る」「受け入れる」「行動する」「発揮する」のどこにいると思いますか?
  3. 今のあなたが、これからやれそうなこと、やってみたいことはどんなことですか?


最初はお一人お一人で、次に近くの方とグループになってお話ししていただきました。
最後に挙手された方にお話を伺い、帰り際にこれからやれそうなこと、やってみたいことを書いたリンゴの形の付箋を貼ってくださる様子から、男女ともにお一人お一人に気付きや次につながる行動にが生まれる、そんな時間を過ごしていただけたことを実感しました。



閉会後も寄付やマドレストアにお立ち寄りくださったり、久しぶりにお会いした方や初めてお会いする方同士も、お話しが尽きず、名残惜しそうに帰ってらっしゃいました。

今回はフューチャーアーキテクト株式会社さんにご協力頂き、オフィスのリビングと呼ばれるお部屋をお借りしました。
それだけでなく、ボランティアスタッフとして6名の社員の方が参加してくださいました。
この場を借りてお礼申し上げます、ありがとうございました!


また、ご参加くださったみなさまから、ご寄付を頂きました。
あらためて私どもの活動へのご支援をいただき心よりお礼申し上げます。
お寄せいただいた寄付金総額は119,606円となりました。
この寄付金と、ご参加費から経費を除いた金額は、インストラクターの養成、「産後ケア」の普及・啓発、プログラムの開発などに大切に使わせていただきます。

「ファミリースタート」サイトはこちら
アプリはこちらからダウンロードできます
App Storeはこちら
GooglePlayはこちら