2017年3月5日日曜日

【産後の助け合いエピソード】一人の人間として扱われる時間が、嬉しく、かけがえのないもの

2015年6月に三人目のお子さんをご出産された吉田志保さん。
産褥期は、志保さんのご実家で過ごすことを選択しました。

「長女と次女は、毎日下校・降園後、晩ご飯まで実家で過ごし、その後は自宅に戻る、というスタイルを取りました。」
と志保さん。

ご実家での生活はどうだったのでしょうか?
実は志保さんのご実家は自営業。商店街の中でお店を構えているというとてもオープンな環境です。



「みんな、アポなしで家に訪ねてくるのが普通なので笑、そうやって訪ねてきてくれる人たちと、短時間のおしゃべりができたのは良かったです。みんな、ふら〜っと、『どう?』って寄ってくれるんです。」(志保さん)

パートナーの関わりはどうだったのでしょうか?

「実家で夕食を食べた後、帰宅してから翌日学校や保育園に行くまでは、夫がひとりで担っていました」

また、パートナーのサポートについて忘れられない出来事がある、と志保さんは言います。

「退院二日後くらいにぐっと気持ちが落ち込んで、思わず夫に電話したんです。そしたら半休を取って駆けつけてくれて、たくさん話を聞いてくれました。実家の家族には話しにくいので、ありがたかったです」

外の風を運んできてくれたり、ただただ話を聞いてくれたり…

目の前の赤ちゃんのことでいっぱいになりがちな時期だからこそ、一人の人間として扱われる時間が、嬉しく、かけがえのないものとなるように思えます。


【LINE@アカウントでボニータさんのつぶやき聞けます】
マドレボニータではこのたび、LINE@アカウントを開設しました。
こちらのURLでぜひ友だち登録してくださいね。
https://line.me/R/ti/p/%40rbz7033o

2017年3月1日水曜日

【産後の助け合いエピソード】する側も、される側も嬉しい、そんな「助け合い」

2016年10月に、第3子をご出産された関口幸季さん。

幸季さんは、自宅近くの病院で出産し、出産後も自宅で過ごす形を選択しました。幸季さんのパートナーやお母様、お友達や産後ドゥーラなど、様々な形でのサポートを受けながら過ごした産後の、忘れられない「助け合い」エピソードを伺いました。



「休みの日に、他の家族(夫、長男、長女、祖母)がテーマパークに遊びに行った時があったんです。姉が、子どもたちのリフレッシュがてら連れ出してくれました。みんなが出かけたあと、赤ちゃんと二人でまったりと留守番をしていたところへ、アポなしでお友達が会いに来てくれたんです、スープとパンを持って。」と幸季さん。

「ちょうど寂しくなる夕方の時間帯で、赤ちゃんと、ぽつーんと過ごしてたところだったので、突然のことに、ものすごく嬉しいやらびっくりするやらウキウキするやらで笑。いろんなことを話しまくりました。その後、お出かけ組も大満足で帰ってきて、今日一日、家族全員が、誰かのサポートのおかげで、すごく充実した一日を過ごせたんだな、幸せだな、と感じました。」

誰かに支えてもらう、ということは、ともすれば「相手に迷惑をかけてしまうのでは?」という危惧と結びついてしまいがちです。

しかし、幸季さんのエピソードからは、支えてもらうことの喜び、また、支える側の喜びも、確かに感じ取ることができます。

する側も、される側も嬉しい、そんな「助け合い」のあり方が、次の「助け合い」を生んでいくのではないでしょうか。

【LINE@アカウントでボニータさんのつぶやき聞けます】
マドレボニータではこのたび、LINE@アカウントを開設しました。
こちらのURLでぜひ友だち登録してくださいね。
https://line.me/R/ti/p/%40rbz7033o