2016年7月22日金曜日

【産後ケアバトン+制作日誌】デザイナーが果たす役割

CivicTechLive7月号 社会を変えるデザインでマドレボニータのアプリ「ファミリースタート」のデザインについて紹介して頂きました。



デザインをお願いしている、三澤 直加さんが登壇、「社会課題にチームで挑むとき"デザイン"にできること」というテーマで、福島の浪江町の事例とマドレボニータのアプリの事例で社会課題解決にデザインが果たす役割について話をしました。



もう間もなくリリースを予定しているこのアプリ。制作を通じて私なりにデザインについて感じていることを言語化してもらった感覚もありました。


扱っている社会課題を正確に捉えることはもちろん、上流工程から入って、実際に手を動かしてアプリの中身をデザインし作るところまで、しっかり関わって頂くことで、団体のフィロソフィーをデザインに落とし込むことが可能になるのではないか、裏を返すとそのくらい密に関わって頂く必要があって、一朝一夕にはできない気がします。

それと同時に、デザイナーの方自身がその社会課題を解決することへのモチベーションと楽しむ力を持っている、というのも必要な要素なのかもしれません。

今更ながら、このイベントでみなさんのトークをききながら、プロジェクトチームの中でデザイナーの果たす役割の大きさを反芻しております。


【アプリ「ファミリースタート」を使った出産準備について学びませんか】

西東京市市民協働推進センター「ゆめこらぼ」さんとアプリ「ファミリースタート」をダウンロード、実際に触れていただき、出産準備について学んでいただくイベントを開催します。

西東京市にお住まいの妊娠中または妊娠・出産をお考えのカップルやご家族をご存知でしたら、ぜひこのイベントをご紹介くださいね。もちろん、妊婦さんやパートナー、ご家族だけでの単身でも可能です。

日時:8 月 27 日(土)13:30-16:30
場所:障害者総合支援センター「フレンドリー」
講師:NPO 法人マドレボニータ 理事 林理恵 事務局次長 太田智子
当日、お1人1台ずつスマホ端末をお持ちになってください。