2016年1月19日火曜日

【ご利用者の声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』2015年12月【2】池袋/多胎児の母

産後ケアバトン制度ご利用者の声をご紹介します。

※マドレボニータは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。
社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すため、教室の受講料を補助しています。
2015年12月は、18組の親子が制度を利用して産後の心身のリハビリに取り組まれました。
◆2015年12月末現在までの『産後ケアバトン制度』受講件数(リピート除く)は390件です

受講後アンケートでお寄せいただいたご感想をご紹介します。



A.Sさま

2015年12月池袋教室

受講事由:多胎児の親

産後ケアバトン制度を利用させて頂き、誠にありがとうございました。
産後二年近くになり、今さら参加させてもらってもいいのかと思いましたが、

参加できて本当に良い時間を過ごせました。
産前の長期入院から冬場の出産で外出も出来ないまま、
保育園に入れるために3ヶ月での仕事復帰、息切れ状態で駆け抜ける毎日で、
自分のことなどお構いなしで過ごしていました。
1回目のクラスであまりに体が動かないことに愕然としましたが、

体が芯から温まり、久々の筋肉痛に嬉しくなったほどです。
また、シェアリングでは漠然とした心の内を伝え聞いてもらうことで、
いつの間にか自分の気持ちは箱にしまうように見えない、
見ないようにしていたことに気づきました。
まだ産後から回復していないんだよ」と言ってもらえ、
気持ちが和らいだのを覚えています。
たった四回でしたが、いろいろ話せる仲間が出来たことも嬉しかったです。
こういった機会、場を与えてくださった皆様に感謝申し上げます。

***

マドレボニータでは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母など。


みなさまのまわりにこのような事情を抱えながら産後を過ごしている方はいらっしゃいませんか?

産後ケアバトン制度は2014年9月コースより、合同会社西友さまの助成にて、平均月17組の母子をサポートできるようになりました。まだまだお受け入れが可能です。制度の利用対象に該当しそうな方へ、ぜひ「産後ケアバトン制度」をご紹介ください!

ご紹介の方法
(1)マドレボニータの公式サイトの「産後ケアバトン制度」のページをご案内いただく
「産後ケアバトン制度」で検索していただければヒットします。

(2)紙のニューズレターを印刷してお渡しいただく。
少しお手数をおかけしますが、こちらのPDFファイルを印刷いただき、お渡しいただけると制度の内容とお申し込み方法をお分かりいただけます。
このニューズレターの配布・設置にご協力いただける病院や自治体の窓口、子育てサロンなどがいらっしゃいましたら、マドレボニータ事務局までお知らせください。
info@@madrebonita.com ←@を一つにしてお送りください。