2015年7月23日木曜日

アサヒビール株式会社さま「ワンビールクラブ」からご寄付をいただきました

こんにちは。マドレボニータ事務局スタッフの太田智子です。
昨年8月に第2子を出産し、育児休業をへて、今年の4月に復職しました。

本日は企業からの寄付のご報告です。
このたび、アサヒビール株式会社さまの「アサヒワンビールクラブ」より、10万円のご寄付をいただきました!

ワンビールクラブは2002年4月に導入された、有志の社員さんによる募金制度です。
 「ビール一杯分の社会貢献を」を合言葉に、社員の自発的な意思により毎月1口200円から積み立てて、さまざまな社会貢献活動をされている団体へ寄付されています。
寄付先の推薦も社員の方によって行われているそうです。

毎月のお給料からビール一杯分の寄付で社会貢献を…ネーミングもステキですね☆



マドレボニータがワンビールクラブさまよりご寄付をいただくのは、3年連続3回目のことです。
以前いただいたご寄付は、啓発リーフレット「妊娠中〜産後の過ごし方ガイド」の印刷に使わせていただきました。

 

リーフレットにより、多くの妊娠中のカップルをはじめとした方々に、「産後」の実態とその対策についてお伝えすることができております。


今回いただいたご寄付は、「産後ケアバトン制度」のご案内リーフレットの制作・印刷費用として使わせていただくことを検討中です。

☆産後ケアバトン制度とは
マドレボニータでは、産後ケア普及のためマドレ基金を設置し産後ケアバトン制度を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。
対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母 などです。


アサヒワンビールクラブさま、本当にありがとうございました。


マドレボニータでは、法人/個人のみなさまからのご寄付をお待ちしております。
いただいたご寄付は、「産後を起点とした社会問題の解決」のために、大切に使わせていただきます。

「2013年度年次報告書」にて、いただいたご寄付と使い途についてご報告しております

・ご寄付の方法などについては「マドレ基金」のページをご参照ください