2015年5月12日火曜日

【ご利用者の声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』2015年4月【3】網走


産後ケアバトン制度ご利用者の声をご紹介します。
※マドレボニータは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。
社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すため、教室の受講料を補助しています。

Kさま
2015年4月網走教室
受講事由:
早産児・低出生体重児母 
出生~生後180日間に連続21日以上入院中または入院した児

5ヶ月間NICUに入院しており,退院後も無呼吸可能性があったり,また早産児ゆえ感染症悪化心配もあったため,外出する勇気がなかったですが,インストラクターから連絡をいただき,それがきっかけとなり産後レッスンに参加することができました。

不安な気持ちを受け止めていただき,そしてレッスンに参加するたびに心も体もスッキリしていきました.早産したことで,どこか卑屈になっていたり,後ろ向きな産後でしたが,そんな気持ちが吹き飛ぶほど1ヶ月でした.周囲に産後クラスを広めていきたいと思います。本当にありがとうざいました。

※マドレボニータでは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母など。

産後ケアバトン制度は2014年9月コースより、合同会社 西友さまの助成にて、月17組の母子をサポートできるようになりました。ぜひご利用ください。