2015年5月12日火曜日

【ご利用者の声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』2015年4月【2】西麻布

産後ケアバトン制度ご利用者の声をご紹介します。
※マドレボニータは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。
社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すため、教室の受講料を補助しています。

Kさま
2015年4月西麻布教室
受講事由:多胎児

双子がいるとなかなか外出しにくく、誰か助けがないとできないことがたくさんあります自分自身ケアなんて後回しでしたし、できると思っていませんでした。しかし、マドレボニータケアバトン制度を知り、介助お手伝いをしてもらいながら参加できたことは、自分自身体や精神を見直すとてもいい機会になりました。

また、ボランティア方や参加者皆さんと交流が深まることで、悩みや育児疑問点を相談できる素敵な仲間と出会うことができました。今まで、子供面倒を見てもらったり、手伝ってもらうは申し訳ないなと思っていですが、皆さん笑顔にありがたく甘えることができましたし、今後、育児をしながら自分時間を作ることに対して恐縮することなく、前向きにとらえられるきっかけになりました。本当にありがとうざいました。

※マドレボニータでは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母など。

産後ケアバトン制度は2014年9月コースより、合同会社 西友さまの助成にて、月17組の母子をサポートできるようになりました。ぜひご利用ください。