2014年11月14日金曜日

【ご利用者の声】マドレ基金『産後ケアバトン制度』2014年10月

産後ケアバトン制度ご利用者の声をご紹介します。

※マドレボニータは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。
社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すため、教室の受講料を補助しています。



Mさま
受講事由:多胎児の母

この度 双子母ということで、基金で参加させて頂きました。
初めは不安と緊張でドキドキしていましたが、介助して頂いた皆さんの
おかげで最後まで楽しく充実した時間を過すことができました。

シェアリングでは 色んな事に気づきました。

自分はもっと気持ちを打ち明けてもいいんだなと思えた事で家族に
対して素直になれたり、とてもいい機会を与えてくださって感謝しています
身体を動かすこと、言葉に出すことは大切なんだなと改めて感じています
ありがとうざいました。



Yさま
受講事由:障がいのある児の母

産後ケアには興味はあったのですが、障害児を持つ親として、周りの視線、
感染症に弱い等もあり、外出を控えていました。その中、産後ケアバトン制度
教えて頂き、ぜひこのような制度利用できるなら参加したいと思い参加しました。
私にとってとても有難い制度でした。全過程を出席出来ませんでしたが、
精神的体力的にも変化を感じられた教室でした。ありがとうざいました。




Oさま
受講事由:早産児・低出生体重児の母

このような機会を頂き、大変感謝しております
 はじめての高齢出産で予期せず早産となり、感情がジェットコースターのように
揺れ動く中で、これまで毎日の子供のお世話だけで必死でした。
しかし、今回産後クラスに参加させて頂けたことで、母としてこれからの人生を
どう過していくのか、クラスの皆さんと共に立ち止まって考え、自分の本当の
心の声に耳を傾けることが出来、また様々な方の考えを聴くことで、自分の考えも
広がり、社会と繋がることや、よりよい環境を自分にも子供にも選択していくことの
必要性を痛感しました。何より産後クラスは本当に楽しくて、レッスンの間中ずっと
笑いっぱなしでした。子供もとても楽しそうにしていて、そんな子供を見ることが
出来たのも嬉しかったです。 産後ケアバトン制度は、肉体的にも精神的にも社会に
出て行きずらい人たちへ、社会に出るチャンスを与えて頂ける素晴らしい制度だと思います

 私は幸運にもこの制度利用させて頂き、産後クラスに参加することが出来て、

大変感謝しております。 一人でも多くの方にこの制度を知ってもらい、同じような
体験をして頂きたいと心から思います。 有難うざました。



Aさま
受講事由:早産児・低出生体重児の母

妊娠生活の殆どが入院生活で産後の不調が中々取れず、子育てのサポートを
してもらえる人も周りにおらず、行き詰まってきていた時にこの産後ケアバトン制度
入院中仲良くなった双子ママ達に教えてもらいすくに応募しました
初めての育児でしかも双子で外に出られる機会も無かったので外に連れ出してくれる
キッカケになりました。 お迎えに来てくれた方や講義中サポートしてくださった方々が
とても親身になってサポートしていただき、安心して参加することができました。

一緒のクラスになった方々と講義中や講義後のランチで育児の悩みや相談などしていく

うちにリンクする話題も多く気持ちがとても軽くなりました。 教室が終わった今でも
たまにランチに行っています(*^_^*) とても良い場を与えていただき本当に感謝しています
色々なキッカケになりました!
これから色んなママ達に産後ケアバトン制度を教えてあげたいと思ます




※マドレボニータでは、産後ケア普及のため「マドレ基金」を設置し「産後ケアバトン制度」を運営しています。社会的に孤立しやすい境遇にある母子の参加を促すために、教室の受講料を補助しています。対象となるのは、ひとり親/多胎児の母/障がいのある児の母/早産・低体重児の母/21日以上入院した児の母/妊娠中45日以上入院した母/10代で出産した母/東日本大震災で避難中の母など。





産後ケアバトン制度は2014年9月コースより、合同会社 西友さまの助成にて、月17組の母子をサポートできるようになりました。ぜひご利用ください。