2014年8月29日金曜日

【メディア】テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』

テレビ東京ワールドビジネスサテライトで産後ケアの話題が取り上げられました。


「出産した女性の産後の健康をサポートすることは、女性活用のカギとなるのではないか?」
という番組からの問題提起をするコーナーで、
このような切り口で取材のお話を頂いたときには時代の変化を感じ嬉しく思いました。



こういった形で産後ケアが、このような番組で話題になったのは、
マドレボニータの活動をスタートさせて以来、初めてではないかと思います。
産後のことは「プライベートなこと」として流されてしまいがちで、

企業としても真剣に取り組むのが難しい分野でもあるといわれています。





















そんな中、大手スーパーマーケットチェーンの西友による、マドレ基金への助成が決まったことは、産後ケアについて、企業が前向きにその重要性を認識し、女性のライフステージに合わせた支援を行っていくという姿勢を見せたということだと思います






執行役員の金山さんはインタビューに応えて
「女性の社員の存在は我が社の生命線。女性の健康をサポートすることは我々のビジネスにとって不可欠」
と話しています。






こういった姿勢の企業が増え、人間の健康が、ひとりひとりの自己責任ではなく、社会全体で支えるものという気運がより高まるといいなと思います。
(文責:吉岡マコ)

【Media Coverage】 
TV TOKYO World Business Satellite featured MadreBonita as one of the leading organization which promotes healthcare after childbirth.The program raised the issue of women's healthcare after childbirth as one of the important strategies for the Japanese industry utilizing more women's abilities with increasing opportunities. 
MadreBonita's fitness program has been developed and run on its own for 16 years. We've been finding it hard to gain support from companies because this is considered to to be a personal issue.But the situation is changing.
SEIYU, a major supermarket chain in Japan has decided to support MadreBonita financially to promote women's healthcare especially after childbirth. Corporate officer Mr.Kanayama says it's essential for our business to support women's health.
We hope more and more people will recognize the importance and effect of the overall maternal healthcare.& then the world will come true where both men and women enjoy their abundant family life and work with fulfillment.Kids will always be looking at our life and must be feeling a lot.