2013年10月16日水曜日

第五回コモンズSEED Capにマドレボニータが選ばれました。

この度、コモンズ投信株式会社様が主催する
第五回コモンズSEED Cap」という
社会起業家応援プログラムの応援先として、
私たちNPO法人マドレボニータが選定されました。
会長の渋澤健さん、担当の馬越さんと


このコモンズSEEDCapというプログラムは、
コモンズ投信さんが運営されている「コモンズ30ファンド」の信託報酬の1%相当を、社会的イノベーションにチャレンジする社会起業家に寄付するという取り組みです。

外部・内部委員で構成された選考委員によって厳正な審議を経て、応援先が選定されるそうですが、光栄なことに、今年の最終候補者に、マドレボニータも入れていただいていたのです。



今年の最終候補の三名は、全く違う分野から選ばれ、
それぞれのフィールドでの発展が期待される、ということで、
「差をつけることは本当に難しく、選考委員会の審議では意見が割れた」
とのことでしたが、コモンズのお仲間の皆様、およびコモンズのスタッフの皆様、
という重要なステークホルダーの方々の応援が決め手となり、
最終的にマドレボニータに決まったとのことでした。

※会長の渋澤健さんのブログより「第5回コモンズSEEDCapの受賞者が決定!」2013/7/13
こちらでは、コモンズさんのお仲間の推薦文を紹介していただいています。

授賞式でお聞きしたお話では「思いのほか男性からの支持が多かった」とのこと、
女性の問題ととらえられがちな産後の問題について、性別関係なく、
「社会の問題」として多くのかたに関心をお寄せいただいていることに、
時代の進歩を感じ、大変嬉しく、身の引き締まる思いがいたしました。


今回いただく27万円の支援金のご寄付は、
産後ケア普及のための啓蒙活動のための費用に
充てさせていただきます。


このたびの受賞を、たいへん光栄にうけとめ、
スタッフ、インストラクター一同、
ますます努力していきたいと思います。
このご縁と皆様からのお気持ちに心より感謝もうしあげます。