2012年7月4日水曜日

前や外を見られるようになっている!本当に嬉しい(5月コース参加者の声)

全国のマドレ産後クラスでは、7月コースが続々と始まっています。
さきほど、5月コース卒業生のふじふじより、
紫磨子先生の7月コースに参加してます」
と連絡いただきました。

マドレボニータの産後クラスは4回で1クール、4回通ったら一度卒業するのですが、
もうすこし鍛えたい、もうすこし掘り下げたい、というかたには、
リピート受講も歓迎しています。

ふじふじは、5月コースで一番変化の大きかった女性でした。

最初は「私は専業主婦でいいんだ、子育てに専念する」といっていたのが、
3週目あたりから
「ちょっと意地をはって強がり言ってました。本当は、社会とつながりたい…」
と本音をぽつりぽつりと…

最終回には、「こんな事業を立ち上げたいんです」と、将来の希望まで語るように。
自分の本心に蓋をせずに、向き合う勇気をもったふじふじ、
まだまだたくさんの葛藤を抱えつつ、
7月コース初日の感想を送ってくれたのが嬉しかった。




5月吉祥寺のGood&Newでは半径30センチ以内のことしか単語が出てこず、
30秒すら余って。

6月の一ヶ月間もまだまだ夫に対する気持ちも、
体調も上がり下がり揺れに揺れていました。

(だからリピート受講なんですが)

が、今日7月クラスでは家の外での単語がスラスラと!出てきたんです。
前や外を見られるようになっている!本当に嬉しいです。
嬉しかったので共有しましたー。




「しんどい」状態から「ラク」になること、、、
それで人は満たされるわけじゃない。

しんどくても、その気持ちを分かち合う仲間がいること、
しんどくても、自分の力を発揮できて、少しずつでも前に進めること、
前や外をみられるようになること、そういうことが、
母たちには必要なんじゃないかと思うのです。

そういう機会や場やきっかけを、マドレボニータは提供していきたいと思ってます。

それにしても、OGからのたよりというのは、本当に嬉しいものです。
インストラクター冥利につきます。ふじふじ、ありがとうー!

(文責:吉岡マコ)

マドレ基金マンスリーサポーターを募集しています。
マドレ基金バナー